Critical Facility Management

Critical Facility Management(クリティカル・ファシリティ・マネジメント)は、安定したデータセンター運営とグリーンITを実現します。

一般オフィスの10倍~20倍もの電力を消費するデータセンターでは、高発熱対策に加え、省エネ法・温暖化対策推進方など関連法規への対応が求められています。
また、サーバー室の運用に関しても、安定的な温熱環境管理、電源容量管理、スペース管理、複数の建物にわたる連携管理など、より複雑化の一途にあります。さらに、災害や事故、停電といった不測の事態に備えた安全性の確保も一層重要となっています。
こうした複合的な課題をトータルな視点から解決していくのが『CFM(クリティカル・ファシリティ・マネジメント)サービス』です。

データセンター運営サービス

リスクマネジメント手法を取り入れたデータセンター運営サービスが、「安心」を生み出します。お客様のご要望に沿ったデータセンター維持管理と運営サービスを実施いたします。

省エネルギーサービス

データセンターの省エネルギーを図ります。

コンサルティングサービス

データセンターの規模、重要性やお客様の事業内容に沿ったサービスを提案いたします。

メンテナンスサービス

各種インフラ設備の保守・点検・計測をすべて一括してお任せ頂けます。



資料ダウンロード

Critical Facility Management (クリティカル・ファシリティ・マネジメント) カラーカタログ(PDF/1,278KB)

(ご注意)
掲載中の資料に記載している製品と、お客さまがご使用中の製品のバージョンが異なる場合がありますので、ご注意ください。

* 2012年3月以前の情報は、旧名称が使われている場合があります。ご了承ください。