ウィンドウを閉じる

省エネルギーの構成要素とBEMSの効用

見える化による意識改革、設備更新による効率化、さらに設備運用改善が省エネルギーの構成要素である。BEMSはこれらに必須なシステムである。

省エネルギーの構成要素とBEMSの効用

※1 BEMS:Building Energy Management System
※2 ESCO:Energy Service Company
※3 EMSv:Energy Management Service

ダウンサイジング:熱源等の最適な容量を計算し、設備を小型化する。一般的な設備改修の場合、熱源容量が過剰であってもダウンサイジングによるリスクを避け、同容量で設計するケースが多い。

※2015年2月13日開催第2回 長期エネルギー需給見通し小委員会 アズビル発表資料(抜粋)

Copyright(C) Azbil Corporation All rights reserved.