中央監視装置の更新 (リニューアル)

中央監視装置の
耐用年数は
15年です。

スクロー

ルボタン画像

安全と快適を守り、建物の資産価値を高めるために耐用年数経過後は更新をおすすめします。 経年劣化によるトラブルを未然に防ぎ、安全で快適なビル運用の維持・向上を実現するため、アズビルでは耐用年数が過ぎた中央監視装置の更新を推奨しています。※法定耐用年数は15年です。(減価償却資産の耐用年数等に関する省令の「建物附属設備の電気設備、その他のもの」とした場合)

中央監視装置の更新担当者

アズビルならではの+αのご提案で、更新のメリットを最大化!

アズビルならではの最新の技術と知識をもって、投資予算や既存の中央監視装置の状況に合わせた最適なリニューアルプランをご提案します。

  • 耐用年数が過ぎると?

    経年劣化による故障のリスクが高まります。もし、故障すると…

    詳細情報ページ
  • 更新プランのご紹介

    現状や投資予算に合わせて、負担を最小に抑えた更新プランをご用意…

    詳細情報ページ
  • 後継機種のご紹介

    管理点数や管理状況に応じて最適な後継機種をご提案します…

    詳細情報ページ
  • 

アズビルならではのご提案

    計測・制御の専門企業としての強みを生かした+αの更新提案で…

    詳細情報ページ
savic-netFX2compactをタッチする女性の

写真

最新機種を動画でご紹介

savic-net™ FX2の先進機能を継承し、建物の節電や省エネ・省CO2に貢献します。管理点数は200~2,000点で、3つのタイプをラインアップし、建物に合っ た最適なシステムが選択できます。

中央監視装置の更新に関するご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ受付窓口

中央監視装置の更新に関する
ご相談・ご質問は…

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー