調節弁メンテナンスサポートシステムPLUG-IN Valstaff

FOUNDATIONフィールドバス通信HART通信

PLUG-IN Valstaffは、アズビル株式会社製スマート・バルブ・ポジショナの診断パラメータをプラント運転中にオンライン傾向監視することにより、調節弁およびポジショナの不調な状態を早期に検知しトラブルを低減、また調節弁メンテナンスの意思決定に必要な情報を可視化することで、メンテナンス業務の効率化を支援する調節弁メンテナンス支援システムです。
PLUG-IN Valstaffは、FOUNDATIONフィールドバスやHART通信に対応したスマート・バルブ・ポジショナと通信することで、24時間365日、調節弁診断パラメータをモニタリングします。その診断情報から、調節弁の不調を検知することで、調節弁に起因するトラブルが発生する前に事前の処置を促し、プラントの安心安全な運転継続に貢献します。
また、PLUG-IN Valstaffは、調節弁本体に合わせたポジショナの調整設定を自動化、またステップ応答検査を自動化することで、迅速かつ正確なスタートアップを支援します。さらに、運転中に記録された診断データや、シャットダウン後に実施したステップ応答検査から、調節弁の状態を指標化することで、劣化進行状況に応じた適切な保全計画の立案を支援し、開放点検の最適化に貢献します。

PLUG-IN Valstaffは、デバイス・マネジメント・システム「InnovativeField Organizer™」または、横河電機株式会社製統合機器管理パッケージPRM(Plant Resource Manager)上で動作します。

HART・フィールドバス ソリューションの詳細はこちら


本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求