HOME > 製品・サービス > 工場・プラント向け製品/サービス > 製品 > 工場・プラントの設備診断 > 音による工場・プラントの設備診断 リークディテクター

音による工場・プラントの設備診断リークディテクター

気体や液体がある程度の速度で大気中に放出された場合や、ベアリングに傷があったり、グリス切れの状態などから超音波が発生することが知られています。リークディテクターはこのような超音波を検知し、配管からのエア漏れや各種設備のガス漏れ発見や回転機械などのベアリングの診断などに利用できます。 パラボラ集音器を採用することにより、感度と指向性を格段に高めました。省エネ対策、環境保全対策、安全対策ツールとして、さまざまな分野に利用できます。


気体の漏洩で特に顕著に発生する40kHz付近の超音波を検知し、バーグラフ(10段階)と数値・音で表します。

パラボラ集音器・超音波センサ・表示/操作パネルを一体化したボディ。シンプルなボタン操作で、誰にでも簡単に扱えます。

気体の漏洩以外にも、回転機械などから発生している同じ帯域の超音波にも反応します。

パラボラ集音器の指向性とレーザーポインタによって超音波源の方向を知ることができます(オプション)。

パラボラ部とセンサ部、操作/表示部を分離し、超音波源をピンポイントで特定できます。

漏洩量レベルを簡易表示します(超音波の強さを気体の漏洩量に換算表示します)。


リークディテクターの詳細はこちらへ


本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求