エネマネ補助金活用セミナー

出前セミナー開催中!

エネマネ補助金の申請及び採択率アップの秘訣をわかりやすくご案内しています。

エネマネ補助金の有効活用 出張セミナーを実施するフクロウのイラスト

アズビルでは設備更新とともにエネマネ補助金の活用を検討している皆さんに対して、申請及び採択率アップのための出張セミナーを実施しています。豊富な経験と実績に基づくアズビルのノウハウをぜひご活用ください。
過去に開催したセミナーの講演概要をご紹介します。

講演1 長期エネルギー需給に関する政策及び各種補助金の動向

セミナー風景:長期エネルギー需給に関する政策及び各種補助金の動向スピーカー

一般財団法人 省エネルギーセンター 大國 浩太郎様

概要

日本は、世界でも高レベルの省エネルギー水準と経済成長を両立しています。
今後も「長期エネルギー需給見通し」に基づき、2030年度には、最終エネルギー消費において約5,030万klの省エネルギーを達成して行く必要があります。
これを達成するための助成措置として、各種補助金(エネルギー使用合理化等事業者支援補助金等)動向について講演いただきました。
今後のキーとなるエネルギー革新戦略として、革新的なエネルギーマネジメントを使用した「原単位改善」、「エネルギー管理単位の拡大」、「サードパーティーの活用」についての説明がありました。

参加者の声

  • 補助金の制度について、気になっていた今後の展望を聞くことが出来て良かった。
  • 国、行政の方向性を聞くことが出来たので、自社の省エネへの取組みとリンクしていきたい。

ページの先頭

講演2 エネマネ事業者によるエネルギー使用合理化補助金申請

セミナー風景:エネマネ事業者によるエネルギー使用合理化補助金申請スピーカー

アズビル株式会社 赤堀 好昭

概要

エネルギー使用合理化補助金(エネ合)の活用において、エネマネ事業者を活用することで補助率は1/3から1/2にアップします。そのための条件や考え方を紹介しました。
エネマネ事業者でもあるアズビルは、大規模工場分野において、3年連続で計10件の採択実績*を持っています。
これら実績を踏まえた事例紹介を交えながら、現在、補助率1/3で設備更新をご検討されているお客さまや、初めて補助金の活用をご検討のお客さまに、補助金有効活用のノウハウを分かりやすくご説明しました。

参加者の声

  • エネマネ事業者を採用すると、補助率が1/3から1/2になることを初めて知った。今後、補助金活用を検討していきたい。
  • エネマネ事業者と一緒に補助金を申請する場合、どの程度の事業規模感やエネルギーの削減量が必要なのかが理解できた。
  • 設備の更新を検討しているので、アズビルに個別に相談したい。

*当社調べ

ページの先頭

講演3 エネルギー使用合理化補助金の活用事例ご紹介

セミナー風景:エネルギー使用合理化補助金の活用事例ご紹介スピーカー

新東海製紙株式会社 牧田 陽介様

概要

2014年度、エネルギー使用合理化等事業者支援補助金において、エネマネ事業者を活用してEMSを実施し規定の削減を行うことにより補助率が1/3から1/2になる旨の改訂が行われました。
新東海製紙株式会社(特種東海製紙グループ)様は、その改定情報を的確に捉え、2014年度のエネ合の公募時に、いち早くエネマネ事業者を活用されています。エネマネ活用のパイオニアとして、申請までの経緯、判断要素、苦労話などを、実際の体験を踏まえて講演されました。

参加者の声

  • 補助金活用者の「生の声」が聞けたのは、良かった。
  • 補助金の活用でのキーポイントや苦労話など他では聞けない内容を聞くことができ、非常にためになった。
  • 自社の検討している設備と良く似ていたので、非常に勉強になった。

ページの先頭

補助金を活用した省エネルギー導入に関するお問い合わせ先

お問い合わせ受付窓口

エネマネ事業者、省エネ補助金に関するご相談・ご質問は…

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー

お電話でのご相談窓口:Tel.0466-52-7102