デバイス・マネジメント・システム InnovativeField Organizer

プラント・ライフサイクルに沿ったフィールド機器管理で計装保全の業務効率を最大化

プラント・ライフサイクルに沿ったフィールド機器管理で計装保全の業務効率を最大化

InnovativeField Organizer(以下IFO)は、様々なベンダーのDCSシステムと組み合せてフィールド機器との間をHART通信を使うことで、従来の4~20mAによる通信ではできなかったフィールド機器の持つ診断や保全情報を最大活用し、プラント計装保全の効率アップに貢献します。
なお、DCSシステムがアズビル株式会社製Industrial-DEOまたはHarmonasの場合には、HART通信だけではなく、FOUNDATIONフィールドバス通信もご利用いただけます。
例えば、下記のようなシーンでその力を発揮します。

  • スタート前点検を劇的に効率化
    プラントのスタート前に実施するループチェック作業を劇的に効率化し、定期修理の工期短縮に貢献します。
  • 日常保全の効率化
    運転中にフィールド機器の状態を調べる場合、従来のようにコミュニケータを持って必ず現場に行く必要はなく、まずは計器室や事務所のIFOを使って機器の状態を確認して、本当に必要な場合だけ現場に出動します。
  • 現場機器の変調を早期に発見
    運転中は、保全員に代わり24時間365日、フィールド機器の稼働状況を監視し、機器の変調を検出した場合にはアラート通知することで、機能不全に至る前に対処を促し、機器起因によるプラント停止を防ぐことに貢献します。
     * 機能不全を通知する診断機能があるフィールド機器が対象です。
  • 定修時の調節弁開放点検を適正化
    調節弁については、定修時の開放点検を適切に実施できるように、運転中にIFOに記録されたつまり、かじり、漏れの可能性のある診断メッセージや、シャットダウン後に実施した検査から、調節弁各々の劣化状況に応じて、点検対象調節弁のリストアップを時間基準から状態基準保全への移行を支援します。