計測ソリューションサービス

メーカーサービスとして、これまでに培ってきた高度な計測ノウハウや、計測器についての膨大な知識を活かし、計測に関するソリューションを提案します。

JCSS校正サービス

計量法校正事業者登録制度(JCSS)に基づいた校正を提供いたします。
JCSS校正は ISO/IEC 17025 に適合した校正です。
ISO/TS 16949 など国際規格や規制において、ISO/IEC 17025に適合した校正が要求される場合など JCSSの標章(シンボル)付の校正証明書で対応が可能です。

※ISO/IEC 17025:国際規格/試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項

アズビルグループは日本国内、3カ所でJCSS校正事業者登録しています。
また、すべてMRA対応の認定事業者です。

※MRA:国際的な相互認証、MAR対応事業者は、その校正結果が国際的に受け入れられます。

JCSS現地校正
アズビルは温度、湿度、電気の3区分でJCSS現地校正を登録しています。
お客様の工場や事業所に出張して、現地でJCSS校正を実施いたします。
校正のために装置や設備を長期間止めずに、短期間でJCSS校正を実施することができます。
また、計測器を取り外して校正事業者に送る手間も省けます。
さらに装置や設備に据え付けられている計測器の配線や結線はそのままに、普段運転しているのと同じ状態で校正をおこなえます。

ご案内

※出荷前にJCSS校正を実施し、JCSS校正証明書付き製品をお届けします。

Jcss付製品

JCSS校正証明書は標準付属ではありません。製品注文の際に必ずJCSS校正証明書付きとご指定ください。
JCSS校正内容の詳細、上記以外の製品に関してはお問い合わせください。

ページの先頭


キャリブレーションサービス

医薬品、食品工場でGMPやHACCPに対応したキャリブレーション(校正)を実施いたします。
計測器メーカーによるキャリブレーション・サービスです。 モノづくりを通し、長年培ってきたメーカーとしての技術と経験を活かし、高品質のキャリブレーションを提供いたします。

アズビルは、キャリブレーション・サービスだけでなく、多くの医薬品・食品工場に対しMES、各種製造制御システム、監視システムを始め、フィールド機器、コントロールバルブの納入実績と稼働実績を持っています。
これらの経験とノウハウを生かしたキャリブレーション・サービスを提供します。

キャリブレーション作業を実施するサービス技術員に対しては、社内教育訓練規定により「キャリブレーションサービス技術検定制度」を運用しています。 また定期的な力量評価を実施し、常に安定した品質のキャリブレーションサービスを提供します。
さらにキャリブレーション・サービスだけでなく、メーカーのサービス技術員として、計測器の調整や不具合調査、改善提案などにも応じます。

キャリブレーション作業に使用する計測器(標準器)は、すべて国際または国家計量標準へのトレーサビリティが確保されています。必要に応じ、トレーサビリティ証明書、トレーサビリティ体系図、上位標準器成績書などの証明書類を発行いたします。
また、一貫した計測器管理体制で精度管理、有効期限管理を行なっており、計測標準グループはJCSS校正事業者として ISO/IEC 17025 に適合した校正を実施しています。

※JCSS校正登録範囲については、「JCSS校正サービス」を参照ください。

ページの先頭


計測器校正サービス

計測器をお引取りさせていただき、校正作業を実施します。
メーカー・機種は問いません。 たんなる校正作業だけでなく、計測器の校正周期管理や精度管理、またご要望に応じて調整、修理までお引き受けします。

  • メーカーは問いません。あらゆるメーカーの計測器の校正をお引き受けします。
  • 計測器の精度管理もお任せください。
    メーカースペックあるいはお客様の管理基準で精度管理を行います。
  • 校正だけでなく、必要に応じて調整、修理も行います。
    管理基準から逸脱した場合の処理を確認の上、実施します。
    当社にて調整、修理対応ができない場合は、メーカーへの依頼を取り次ぎします。
  • 校正結果(成績書)の他に、トレーサビリティ証明書など各種書類を揃えます。
    トレーサビリティ証明書、トレーサビリティ体系図、上位標準器成績書など。
  • 校正後は校正済みシールを計測器に貼付します。
    〔校正実施日〕または〔次回校正日〕を選択いただけます。
校正済みシール

ページの先頭