ビル横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

大幅な省エネルギーを実現するESCO事業で
横浜市が目指す温暖化防止対策に貢献

横浜国際総合競技場(日産スタジアム)

2002 FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップの会場となり、国内外から集まった26万人の観客に感動を提供した日産スタジアム。本施設は省エネ法による第一種エネルギー管理指定工場でもあり、環境対策にも積極的に取り組んできました。今回、NEDOの補助事業とESCO事業を活用してより一層の省エネ化を目指し、横浜市の温暖化防止対策をまた一歩前進させました。

詳しく見る