HOME > 納入事例 > 工業分野 > 松江市上下水道局

松江市上下水道局

水道施設で監視システムのマルチベンダー化を実現
広域に点在する多数施設を遠隔で一元管理

松江市上下水道局では、市町村合併により監視対象が増え、250施設・約4400台の機器が広域に点在していました。上水道と簡易水道の事業統合に当たり、各市町村で個別に稼働していた16のシステムを統合し、遠隔監視システムを構築。OPCサーバーを活用したマルチベンダー化により、拡張性・汎用(はんよう)性の高いシステムでの広域一元管理を実現しました。より多くの設備・システム事業者の一般競争入札への参加を可能にし、水道施設の最適な維持管理に加え、地域の活性化にもつなげています。

各市町村の監視システムをオープン化技術により統合

創設時の施設の一つである旧床几山(しょうぎさん)配水池は、登録有形文化財に指定されている。

創設時の施設の一つである旧床几山(しょうぎさん)配水池は、登録有形文化財に指定されている。

島根県東部の出雲地方に位置する松江市。日本の夕陽(ゆうひ)百選に選ばれた宍道湖(しんじこ)や松江城を囲む堀川などがあることから「水の都」としても知られており、市街中心部にある松江城は2015年に国宝に指定されました。

松江市の水道事業は、公衆衛生としての整備を目的に、1913年から事業が開始、1918年には給水がスタートしました。その後、戦前・戦後を通じた拡張事業を経て、2018年に通水100周年を迎えました。大正時代から変わらず、緩速ろ過方式で時間をかけてつくられている同市の水道水は、ペットボトル水としても製造販売されています。この「松江 縁(えにし)の水」は国際的品質評価機関であるモンドセレクション2018において、最高金賞を受賞しました。

“平成の大合併”で、2005年には松江市を含む1市6町1村、2011年には同市と東出雲町が一つの市となりました。

「その結果、松江市が管理することになった上水道と簡易水道※1の数は大幅に増加しました。これまで計250カ所の水道施設を旧市町村時代に構築された16のシステムで監視していましたが、これらのシステムを一つに統合するとともに、老朽化していた上水道監視制御システムも併せて更新し、広域一元管理を目指すことになりました」(川原氏)

「遠隔監視システムの構築では、オープンな通信技術を採用し、マルチベンダー化を目指しました。その目的は、単独のベンダーにシステム構築を縛られることなく、より多くの設備・システム事業者に一般競争入札の門戸を開くことで、水道施設の最適な維持管理とコスト削減につながると考えたからです」(中倉氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.1(2019年02月発行)に掲載されたものです。