HOME > 納入事例 > 工業分野 > NSスチレンモノマー株式会社 大分製造所

NSスチレンモノマー株式会社 大分製造所

バルブ運用管理のスマート化を推進し、プラント操業の高度な安定性を追求

スチレンモノマーを主力製品に広範な産業ニーズに応えるNSスチレンモノマー。同社の大分製造所では、たび重なるバルブ故障を受け、スマート・バルブ・ポジショナへの移行を推進。システムによるバルブの状態監視の強化を進めています。これにより、バルブの故障傾向を管理できる仕組みが整うなど、プラントの操業に高度な安定性がもたらされています。

たび重なるバルブの故障を契機に高機能型ポジショナに更新

NSスチレンモノマー株式会社は、2011年8月に新日鐵化学株式会社(現・日鉄ケミカル & マテリアル株式会社)と昭和電工株式会社の共同事業会社として設立。食品容器や家電製品で多用されるABS樹脂などの原料となるスチレンモノマーを主力製品に、ベンゼン、トルエン、キシレンといった芳香族化合物の生産などを通じて広範な産業ニーズに応えています。

大分石油化学コンビナートに立地する同社の大分製造所の化学プラントでは、芳香族製造設備、スチレンモノマー製造設備2系列、ジビニルベンゼン製造設備の4プラントが操業しています。

「各プラントは1977〜1990年に稼働を開始して以来長年にわたり生産活動を続けていますが、特に2009年ごろからバルブの故障が多く発生するようになりました。その原因を探ると約4割が経年化によるバルブの開度を制御するポジショナの不調に起因するものでした」(山本氏)

これに対し同製造所では、各プラントで稼働するバルブのポジショナを旧来の機械式から、マイクロプロセッサを搭載した高機能型のポジショナへと順次切り替えていくことを決定。アズビル株式会社のスマート・バルブ・ポジショナを採用しました。

「当時、ポジショナのスマート化に特に先進的に取り組んでいたのがアズビルでした。アズビルのポジショナは、アズビル以外の他社製バルブにも取り付けられるため予備品を共通化できる点も大きなメリットでした」(上向井氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2019 Vol.5(2019年10月発行)に掲載されたものです。