HOME > CSRの取組み > 自主的な社会貢献 > azbil みつばち倶楽部

azbil みつばち倶楽部

azbil みつばち倶楽部の想い

azbilグループは「社会貢献活動は企業価値最大化のために必要な企業文化・企業風土の一部」として位置付け、「本業による社会貢献」と「自主的な社会貢献」の双方で、社会や人々の生活、地球環境において社会の一員として、私たちらしい「人を中心とした」社員参加型の社会貢献活動を進めることを基本としています。

自主的な社会貢献活動が社員参加型の活動でazbilグループの企業文化・企業風土として根付くように、

  1. 社員誰もが自分の意思で参加でき、
  2. チョットお小遣いの支出を抑えれば容易に参加できる程度の支援資金、支援物資を提供し、
  3. 参加した会員が関わる自主的社会貢献活動団体または個人、或いは、その他の自主的社会貢献団体または個人に対し、
  4. 会員が提供した支援金または支援物資から一定額の支援金または支援物資を提供する

“場づくり”によってグループ社員の社会貢献活動参加を促進することを目的として、会社組織とは独立した任意団体としてazbil みつばち倶楽部を2009年10月に設立しました。

azbil みつばち倶楽部 支援のしくみ

azbilグループの社員・役員であれば、どなたでも参加できる、会社組織とは独立した任意団体です。
会員から支出された支援金を支援原資とし、会員が参加している、または応援したい活動や団体に対し、年1回の支援を行います。会員は自由に支援先を推薦することができ、事務局による支援先投票事前審査ののち実施される会員投票において、支援先が決定します。支援実施後は、支援先から会員に対し活動報告をいただくことで、会員と支援先とのつながりも大切にしています。
会員一人ひとりの気持ちを大切に、これからもazbil みつばち倶楽部ならではの温かみのある支援を行っていきたいと考えています。

※一部の支援には、アズビル株式会社から同額のマッチングギフトが提供されます。


『azbil みつばち倶楽部』の名前の由来

みつばちは植物の生育に欠かせない、大切な生き物です。
花々の間を飛びながら植物の受粉を助ける、縁の下の力持ちです。私達が普段何気なく口にする食物の生育にも、みつばちの存在は欠かす事ができません。

私達一人一人が、社会の中でみつばちのように重要な役割を果たし、社会に貢献する。そして、そのような仲間の社会への貢献をみんなで支えたい、そんな想いが込められています。

また、みつばちは仲間意識のとても強い生き物です。仲間で協力しあいながら花々から少しずつ蜜を集めてみんなが大好きな甘い蜂蜜になるように、私達の小さな気持ちを少しずつ集めて、みんなが幸せになるような社会づくりを縁の下で支えている、そんな「azbil みつばち倶楽部」を目指しています。

azbil みつばち倶楽部キャラクター“マーチ”
<デザイナーからのコメント>
強く、優しく、元気良く、をモチーフに、デザインしました。また、みつばち倶楽部の活動が環境にも携わっている、ということから、羽を葉のイメージで描きました。マーチはハチであり、葉の妖精・・・という感じです。元気を振りまく太陽のイメージもあります。

※名称、キャラクターは、azbilグループ社員による公募で決定いたしました。

支援実績 2017年度(第8回目)支援実績

azbil みつばち倶楽部、社会福祉団体などに600万円の支援を決定

2010年度 第1回目支援から社会福祉、災害被災地支援、環境、スポーツ、伝統文化保全、健康福祉など様々な分野へ支援を実施しています。