1時間単位の有給休暇制度を導入 -仕事と生活の調和に向けて-

2014年3月20日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、年次有給休暇を1時間単位で取得できる制度を4月1日から導入します。

当社は「人を中心としたオートメーション」の理念の下、ワークライフバランスの"ワーク(仕事)"と"ライフ(生活)"の両立を図る施策の1つとして、年次有給休暇の取得促進を積極的に進めてきました。これをさらに促進するため、これまで1日または半日単位でしか取得できなかった年次有給休暇を1時間単位で取得できるようにいたします。

社員は年次有給休暇の3日分(24時間)を時間単位で取得できるようになります。出社時刻を1時間遅くしたり退社時刻を早めるという使い方が可能です。その他にも、年次有給休暇の開始時刻は1分刻みで自由に設定できますので、たとえば「9時31分から11時31分までの2時間の有給休暇」というような取得や昼休みをはさんでの取得なども可能になります。
この制度により育児や介護、病院への通院、金融機関や役所への届出など、様々な場面で年次有給休暇が取得可能になり、利便性を高めます。

当社はグループ理念である「人を中心としたオートメーション」の下、グローバルのお客さまのビジネスに貢献するため、社員一人ひとりが生き生きと仕事に取り組めるよう、これからもワークライフバランスの充実に取り組んでまいります。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006