azbilグループの技術研究報告書「azbilテクニカルレビュー」を発行

2014年4月15日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、azbilグループの研究開発、製品開発、製造技術などを紹介した『azbilグループ 技術研究報告書 azbilテクニカルレビュー』2014年4月発行号を発行しました。

azbilグループでは、「技術・製品を基盤に、ソリューション展開で顧客・社会の長期パートナーになる」を重点施策の一つと位置づけ、その研究成果や技術力、ソリューション力を紹介する技術研究報告書として、「azbilテクニカルレビュー」を年1回発行しています。

今回発行した2014年4月発行号は、当社の成長に向けた3つの事業領域の一つである「エネルギーマネジメントソリューション」特集として発行いたしました。巻頭言を、一般財団法人電力中央研究所 副研究参事の浅野浩志氏が、「再生可能エネルギー電源導入を支える自動化デマンドレスポンスシステム」について寄稿され、また「エネルギーマネジメントソリューションの事業展望」を、当社ビルシステムカンパニー社長の不破慶一が執筆しました。
本編では、特集論文として、エネルギーマネジメントにかかわる論文8件に加え、最新の技術動向について一般論文として2件、合計10件の技術論文を掲載しています。

azbilテクニカルレビューに掲載されている技術論文は、過年度発行分を含め下記よりダウンロードすることができます。
https://www.azbil.com/jp/corporate/pr/library/review/index.html


『azbilテクニカルレビュー 2014年4月発行号』の内容
<巻頭言>

  • 「再生可能エネルギー電源導入を支える自動化デマンドレスポンスシステム」
    一般財団法人電力中央研究所 副研究参事 東京大学大学院新領域創成科学研究科 客員教授 浅野浩志氏

<特集に寄せて>

  • 「エネルギーマネジメントソリューション事業展望」
    取締役 執行役員常務 ビルシステムカンパニー社長 不破慶一

<特集論文>

  • オフィスビルを対象にした自動化デマンドレスポンスの実証試験
  • PID温度制御における総電力抑制制御
  • エネルギー消費を最小化するための管理システムの開発~BAシステムにおける自動制御の管理手法の改善~
  • データセンターのエアフローマネージメント
  • 人を中心とした工場省エネソリューション~「見える化」から「見せる化」へ~
  • 省エネ支援および設備連携機能を強化した壁掛け型ビル監視システム
  • モデル予測制御に基づいた高度プロセス制御ソリューション
  • 蒸気乾き度センシングシステムの開発

<一般論文>

  • 安全・安心操業を実現するバルブ・ポジショナ
  • 原子層堆積法向けサファイア隔膜真空計の開発

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006