「スパリゾートハワイアンズ」へのESCOサービス提供が決定 -芙蓉総合リースとの共同事業-

2014年5月29日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、このたび、常磐興産株式会社が福島県いわき市で運営する「スパリゾートハワイアンズ注1」において、芙蓉総合リース株式会社との共同事業により、ESCO注2サービスを提供することが決定しましたのでお知らせします。

今回のESCO事業対象施設である「スパリゾートハワイアンズ」は、約13万m²の敷地に5つの温泉テーマパークやホテル施設を有する温泉レジャー施設です。東日本大震災からの復旧整備を2012年1月末に完了し全面稼働しており、昨年8月には創業以来の累計入場者数が6,000万人を達成しました。今般、当社と芙蓉総合リースは、施設運営に支障のない形でコストパフォーマンスの高いESCOサービスの提供を行うことで、地域復興を支援していきます。

主な提案内容は、高効率の熱源設備や、源泉熱・排湯熱の利用を取り入れた省エネ設備の導入、さらに既存BEMSを活用した各種制御システムの改善と運転管理の効率化などです。
本事業の導入により、施設全体のCO2排出量を9.23%(1,608t-CO2/年)、一次エネルギー使用量を7.03%(20,605,526MJ/年)削減する見込みです。なお、契約締結は2014年4月、サービス提供開始予定は、第一期は2015年4月から、第二期(全サービスの提供開始)は2016年4月からとなっています。

当社はすでに国内で約200件のESCO契約実績を有しております。今後もazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、建物の省エネ・省CO2を実現する様々な手法を提案し、地球環境保全に貢献してまいります。

スパリゾートハワイアンズ ウォーターパーク

スパリゾートハワイアンズ ウォーターパーク

注1)スパリゾートハワイアンズ:所在地は福島県いわき市常磐藤原町蕨平50。大型温泉プール、温泉、ホテル、ゴルフ場からなる大型レジャー施設として1966年1月15日に創業。
注2)ESCO(Energy Service Company)。省エネルギーの提案、施設の提供、維持・管理など包括的なサービスを行う事業。今回の契約方式はシェアード・セイビングス契約で、省エネ改修にかかる費用を、はじめにESCO事業者が負担し、ビルオーナーが毎年ESCOサービス料を事業者に支払う。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー
プロダクトマーケティング部
TEL:0466-52-7044