azbilグループ、タイ新工場が完成し生産開始 - 開所式を現地にて開催 -

2014年12月8日
アズビル株式会社

azbilグループの海外生産現地法人であるアズビルプロダクションタイランド株式会社(本社:タイ王国チョンブリー県 社長:根本敦之)は、本年11月にアマタナコン工業団地内に新たな工場を完成し、12月4日に現地で開所式を開催しました。今後はazbilグループの東南アジアでの主要生産拠点として、生産品目を拡大していきます。

azbilグループでは、グローバルでの市場拡大や国内のお客さまの海外シフトが進む中、グローバル規模での生産・調達・ロジスティックス体制の整備に取り組んでおり、タイ新工場の稼働もその一環です。日本・中国・タイなどグローバルに生産機能を分担するとともに、それぞれの地域特性に合わせた製品提供ができる開発・生産体制を構築することで、競争力のあるQCD(品質・コスト・納期)の実現を狙います。

アズビルプロダクションタイランドは2013年2月に会社設立し、同年7月にアマタナコン工業団地内のPHASE2に工場建屋をレンタルする形で、温度調節計の生産を開始しました。2014年3月より同工業団地内のPHASE10において新工場建設に着手し11月に完工、品質マネジメントシステムISO9001の取得も終えました。新工場の敷地面積は約20,000m²、総床面積は約7,800m²(事務棟含む)となります。新工場では温度調節計の生産から開始し、2015年以降、空調用コントローラや光電センサなど、生産品目を順次拡大していく予定です。

タイにおいては、工業用および建物用に関するオートメーション製品の販売やエンジニアリング、施工、メンテナンスを行うアズビルタイランド株式会社があり、このたびのタイ新工場稼働を契機として、より一層azbilグループは強みである省エネルギーやメンテナンスサービスといった現場密着型のソリューションを、製販一体となってお客さまに積極提案し、地域に貢献してまいります。

〔アズビルプロダクションタイランド株式会社 新工場概要〕

タイ新工場外観

所在地: 700/1013 Amata Nakorn Industrial Estate Moo 9, T. Mabpong A. Phanthong Chonburi 20160, Thailiand

社長 :根本 敦之

事業内容:温度調節計、空調用コントローラなどの自動制御機器の製造


挨拶を行う
根本社長

また現地で開催した開所式には、工場建設に関わられた関係者や、アマタナコン工業団地内のお客さま、現地企業の方々など、総勢60名ほどが参加されました。開所式の挨拶では、アズビルプロダクションタイランド社長の根本より、これまでのサポートに対する謝意と今後の事業拡大に向けたパートナーシップ強化の思いを伝え、多くの方々から祝辞を頂きました。

azbilグループはグループ理念である「人を中心としたオートメーション」の下、これからもライフサイクルを通じて価値を創出する製品、サービス、ソリューションを開発・提供し、グローバルのお客さまのビジネスに貢献してまいります。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006