安全計装システム用緊急遮断弁のスマートESDデバイスを販売 - プラントの安全性維持と保全の効率化を両立 -

2016年1月12日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、プラントの安全計装システムで使用される緊急遮断弁のインタフェース機器で、機能安全*¹に関する国際規格IEC61508に規定された安全規格のSIL*² 2または3の認証を取得したスマートESD(Emergency Shut Down)デバイス 700シリーズを1月13日より販売開始します。

スマートESDデバイス 700シリーズは、緊急遮断弁に付属され、緊急時に正しく動作するかどうかを診断するために、プラント運転中に緊急遮断弁を部分的に動かすパーシャルストロークテスト(Partial Stroke Test 以下、PST)機能を搭載した機器です。

安全計装システムの規格では、安全水準を維持するため、安全計装システムを構成する機器の故障率とSILのレベルにより決定される周期で、構成機器の作動検査を行うことが要求されています。本製品で緊急遮断弁のPSTを作動検査の周期より短い間隔で実施することで、不動作の確率を下げられ、安全性を確認できるため、作動検査の周期を延長することが可能です。これにより、安全性を維持しながら作動検査に伴う保全コストを削減できます。

また、長期にわたり運転を停止できないプラントでは、安全計装システムの作動検査を運転中に行うため、従来は、緊急遮断弁のバイパスラインの設置が必須でしたが、設置コストがかかることに加え、作動検査時にバイパスラインへの切り替えなどの工数もかかっていました。PSTで作動検査周期を延長することで、バイパスラインを設置せずプラント運転停止時に作動検査を実施するという選択もできるようになり、建設と保全を合わせたコスト削減にも貢献します。

石油精製や石油化学などのプラントでは、安全性を維持し、事故を防止するため、プロセスの状態を監視し、危険な状態になった場合に適切な動作によりプラントの運転を停止させる安全計装システムに対する関心が高まっています。一方、経済産業省では、産業保安規制においてレベルの高い自主保安を実施している事業者に対してポジティブ・インセンティブなどを導入するスマート化の検討が具体的に進められています。こうした背景により、今後、安全計装システム導入が進み、本製品へのニーズも拡大することが見込めます。

スマートESDデバイス700シリーズは46万円からで、初年度に200台、3年後2,000台の販売を目標としています。

製品については、こちらのサイトをご覧ください

https://www.azbil.com/jp/product/factory/factory-product/control-valve-actuator/smart-valve-positioner/lineup.html

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。


*1 機能安全:安全関連のシステムを正しく機能させることで、リスクを軽減し、許容できる水準の安全を維持すること。
*2 SIL:Safety Integrity Level、国際電気標準会議(IEC)が制定した電気・電子・プログラマブル電子機器の機能安全に関する規格IEC61508で規定された安全度水準。SIL1からSIL4までのレベルがあり、SIL4が最高で、SIL2は安全性の確保を求められるプラントでフィールド機器に要求される一般的なレベルの一つ。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー
マーケティング部 アクチュエータグループ
TEL:0466-52-7027