統合報告書 「azbil report 2016」を発行 - 創業から110年、4つの創造価値をazbilグループ独自のバリューチェーンで提供 -

2016年8月1日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、売上高や利益などの財務情報と、環境や社会への配慮、研究開発/知的財産から、ガバナンスや中長期的な経営計画までを含む非財務情報をまとめた統合報告書 「azbil report 2016」 を発行しました。

当社は2014年のazbil reportより、azbilグループの価値創造について、株主・投資家をはじめ、お客さまや取引先、社員、パートナーなど幅広いステークホルダーの皆さまにご理解いただくため、国際統合報告委員会(IIRC)の「国際統合報告フレームワーク(2013年12月)」などを編集の参考に、財務情報に加えてESG(環境、社会、ガバナンス)情報の積極的な開示に取り組んできています。2016年版azbil reportについては、創業110周年を迎えるにあたり、次の内容を盛り込みました。

「azbil report 2016」の特徴

  • 特集では、創業以来110年にわたり受け継がれてきた企業理念と進化してきたオートメーション技術の融合による新たな価値の創造・提供、そして、オートメーションで目指す未来像などを紹介しています。
  • 当社が提供する4つの創造価値「安心、快適、達成感、地球環境への貢献」を創出する仕組みを技術研究・商品開発、生産から施工、エンジニアリング、サービスというバリューチェーンの流れで紹介しています。
  • コーポレート・ガバナンスコード導入など社会の動きを踏まえて、当社のガバナンス体制の整備状況、強化の取組みをご紹介しています。

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、お客さまの「安心・快適・達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献してまいります。

azbil report 2016

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006