アズビル、「計測展2016 OSAKA」へ出展

2016年11月7日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、11月9日よりグランキューブ大阪で開催される計測展2016 OSAKAへ出展します。

計測展は毎年、東京と大阪で交互開催されている日本電気計測器工業会(JEMIMA)主催の計測と制御技術に関する国内最大の専門展で、本年は大阪で開催されます。
当社は「サイバー空間を製造現場へ!」をテーマに、お客さまとともに"価値ある情報"を製造現場で活用する様々なソリューションを提案します。
IoT、ビッグデータ、AI等の活用により、サイバー空間と現実空間が融合し、新たな産業・サービスが創出される「超スマート社会」の実現に向けて、幅広い商品・ソリューションの提供で貢献します。
また、本年、当社は創業110周年を迎えます。これを記念してオープンした「azbil Techno Plaza」(当社藤沢テクノセンター内)や、新技術の一例として、計測と制御の技術をもとに生産ロボットに応用できる技術も紹介します。

■概要

日時 2016年11月9日(水)~11月11日(金)10:00~17:0
展示会名 計測展2016 OSAKA
会場 グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)
当社ブース ブースNo.1
主な出展内容 【エネルギーマネジメントゾーン】
  • クラウドコンピューティングによる各種のエネルギー最適化サービス
  • 蒸気の最適送気による省エネ提案
    - スチーム減圧制御 ENEOPT™steamdep(エネオプトスチームデップ)
【プロセスオートメーションゾーン】
  • 熟練工の英知を継承・超越する「気づき」を現場にもたらすIoTエージェントとして、ビッグデータやAI、高機能センサを活用したソリューション展示
    - オンライン異常予兆検知システム BiG EYESTM(ビッグアイ)   他
【ファクトリーオートメーションゾーン】
  • 多様な装置・設備を機能的かつシームレスに連携、生産工程によるマスカスタマイゼーション体制
    -小型デジタルマスフローコントローラ「形F4H」
    -グラフィカル調節計「形C7G」
  • 装置・設備アセットマネジメントサービス    他

■テクニカルセミナー
11/9(水) 【12:30~13:20】
  • 制御機器階層におけるIoT~グラフィカル調節計 形C7Gが実現するローカルコンピューティング~
【13:30~14:20】
  • AIが変える?! 製造現場の未来
【14:30~15:20】
  • アズビルの新しい一般化2自由度PIDコントローラとそのモデルベース・モデルフリー調整法
11/10(木) 【12:30~13:20】
  • 現場機器から始まるプラントのIoT
    ~ 急速に拡大するHART機器の本当に価値ある使い方 ~
【14:30~15:20】
  • IoTによるバルブ診断の実用化
11/11(金) 【12:30~13:20】
  • 操業ビッグデータを活用したプロセス・設備の異常予兆検知技術
【13:30~14:20】
  • IoTを活かして省エネ
    ~ 現場密着型エネルギー管理支援サービス ~


詳細はこちらをごらんください。

当社はこれからも、グループ理念である「人を中心としたオートメーション」のもと、お客さまの安心・快適・達成感を実現するとともに、現場の価値向上に取り組むお客さまを支援してまいります。

*ENEOPT、BiG EYESはアズビル株式会社の商標です

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 アドバンスオートメーションカンパニー
SSマーケティング部
TEL.:0466-52-7040