「IIFES 2019」へ出展 - テーマは、「生産性改革で、人は“より創造的な世界”へ-アズビル×スマートIoT が加速する-」 -

2019年11月22日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、11月27 日より11月29日まで東京ビッグサイトで開催されるIIFES 2019へ出展します。

IIFES(Innovative Industry Fair for E x E Solutions, アイアイフェス、旧:SCF/計測展TOKYO)は、日本最大級のオートメーションと計測の先端総合技術展です。

当社では「生産性改革で、人は“より創造的な世界”へ -アズビル×スマートIoTが加速する-」をテーマとして掲げ、ものづくりの現場で培ってきた計測と制御の技術に、ビッグデータ、AI などすでに実用段階にあるアズビルのスマート技術を融合させ、人を“より創造的な”役割に導く、生産性改革を実現する各種ソリューションを提案します。

アズビルブースは、「ものづくり自律化システム」「ファクトリーオートメーション」「プロセスオートメーション」「エネルギーマネジメント」の4つの展示ゾーンで、生産性改革の実現に貢献するソリューションや商品、新技術を多数展示します。
さらに、azbilグループの事業を通じたSDGs(持続可能な開発目標)の取組みも紹介します。

■展示会詳細

日時 2019年11月27日(水)~29 日(金) 10:00~17:00
展示会名 IIFES 2019
会場 東京ビッグサイト 西1・2・3・4ホール、アトリウム
当社ブース 西2ホール 小間番号 1-115
主な出展内容 【ものづくり自律化システムゾーン】
ゾーンテーマ:ものづくりのDX*
                   -人はより創造的な役割へ「ものづくり自律化システム」コンセプト-
・機械学習によるオンライン異常予兆検知システム
・AIによる生産計画・作業指図の自動立案システム
・因子発見AIシステム

【ファクトリーオートメーションゾーン】
ゾーンテーマ:見るべきものはここにある
                   -進化した計測と制御×装置IoT-
・調整作業の工数低減に貢献する近接センサ
・数mL/minの微小流量を安定して計測できる微小液体流量計
・制御機器階層でIoTを実現するPIDコントローラ
・燃焼設備の運転・異常履歴をネットワークでモニタ
・マルチベンダ・デバイス間通信を実現するIoT通信ゲートウェイ

【プロセスオートメーションゾーン】
ゾーンテーマ:進めよう!スマートワーク
                   -進化するスマート機器とデータの活用で働き方改革を-
・未来予測によるプラント運転・監視
・スマート機器の積極活用によるプラント操業改革
・予知、予防保全の実現に貢献するスマートフィールド機器
・最新クラウド、ネットワーク技術を応用した保守サービスとツール
・環境保全に貢献する調節弁

【エネルギーマネジメントゾーン】
ゾーンテーマ:「人×AI」で加速するエネルギーマネジメントソリューション
・AIで気づき、人で行動するためのエネルギーデータ分析
・現場での継続的な省エネをサポートするエネマネ事業者
・設備管理の効率化、管理コスト削減の支援ツール
・多彩なエネルギーリソースを活用した広域での電力需要削減による社会貢献
・『メーターのIoT化』によるデータの利活用

当社「IIFES 2019」関連サイト
https://www.azbil.com/jp/product/factory/event/iifes/

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、時代の変化に対応しつつ継続的にSDGsに取り組み、事業を通じた社会課題の解決、さらなる持続的な成長、企業価値の向上に努めます。

* DX (Digital transformation) : デジタル技術の活用を進め、蓄積したデータに基づいて価値を創出し、事業を変革すること。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー SSマーケティング部
TEL: 0466-52-7040