アズビルと日本コンピュータビジョンが業務提携、顔認証でオフィスユーザの利便性や安心、セキュリティのさらなる向上を実現

2020年4月20日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、ソフトバンク株式会社の子会社、日本コンピュータビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:アンドリュー・シュワベッカー、以下JCV)と、顔認証システムにかかる事業提携のための取引基本契約を締結しました。本合意により、アズビルは、4月21日より、国内向けにJCV社の顔認証システムを当社入退室管理システムと組み合わせて販売を開始し、保守サービスも行います。


アズビル入退室管理システムとの組み合わせのSensePass2

顔認証一体型専用端末 SensePass2


アズビルは、オフィスビル、商業ビル、病院、学校などに入退室管理システムを販売し、安心・安全、快適、利便性の実現に貢献しています。また、社員の入退室履歴を労務管理に活用し、働き方改革に貢献するソリューションなど、時代のニーズに合わせた提案を行っています。近年、顔認証、指静脈認証などの生体認証が身近になっていることに対応し、新たな価値を提供するため、今回の提携に至りました。

JCV社が提供する顔認証システムは、AI技術を活用し、認証性の高さ、0.3秒以内の高速照合、顔写真での登録が可能であるなどの特長を有する最新のシステムです。この顔認証機能を当社の入退室管理システムに加えることによって、入退室制御がハンズフリーとなり、執務者の利便性が向上します。また、暗い場所(照度0.5 lux、月明り程度)や、マスク、メガネなどの着用時の本人認証が可能であり、なりすましを防止し厳密なるセキュリティを保持することができます。アズビルの新築・既設建物への豊富な実績や充実した保守体制を活かし、今後オフィスビルなどに顔認証端末を積極的に提案、年間500台の販売を目指します。

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、先進技術を取り入れながら人々の快適・安心に寄与する製品・システムなどを提供してまいります。

商品についてはこちらのサイトをご覧ください。
入退室管理システム

■ 今回の業務提携内容
JCV社の顔認証装置の国内販売

<アズビル株式会社の概要>
社名:アズビル株式会社(Azbil Corporation)
所在地:東京都千代田区丸の内2-7-3
代表者:代表取締役会長兼社長 曽禰寛純
創業:1906年12月1日
事業内容:計測と制御の技術の下、建物市場でビルディングオートメーション(BA)事業を展開し、これまでに28,000以上のシステムを販売してきました。あらゆる建物に求められる快適性や機能性、省エネルギーを実現し、建物の資産価値の維持・向上を支援しています。IoTなどの新しい技術を融合した建物のライフサイクルに応じたサービスの提供により、快適で効率のよい執務・生産空間の創造と環境負荷低減に貢献するとともに、健康で生産性の高い働き方や快適な暮らしをサポートします。
https://www.azbil.com/jp/

<日本コンピュータビジョン株式会社の概要>
社名:日本コンピュータビジョン株式会社(Japan Computer Vision Corp.)
所在地:東京都千代田区麹町2-5-1 WeWork 半蔵門PREX South 6F
代表者:代表取締役社長 Andrew Schwabecher(アンドリュー・シュワベッカー)
設立:2019年5月
事業内容:画像認識技術をベースとした製品の開発および提供。ソフトバンク株式会社の100%子会社で、AI(人工知能)などの技術がもたらす利便性と効率性をあらゆる産業に提供し、全ての人々の暮らしをより豊かにすることを目指しています。現在、日本国内でも普及し始めた顔認証などの画像認識技術活用によって、さまざまなビジネス向けソリューションを提供します。
https://www.japancv.co.jp


*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006