「計測展2020 OSAKA」へ出展 - 人を中心としたオートメーションで持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献を! -

2020年10月15日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、10月21日よりグランキューブ大阪で開催される「計測展2020 OSAKA」「計測展オンライン・プラス」へ出展します。

計測展OSAKAは隔年で開催されている日本電気計測器工業会(JEMIMA)主催の計測と制御技術 の総合展です。今回、新型コロナウイルス感染拡大を防止し、かつより多くの方にご覧いただくことを目的に、リアル展示会「計測展2020 OSAKA」とリンクしたオンライン展示会「計測展オンライン・プラス」を新開催し、ハイブリッド型展示会とすることが主催者より発表されており、当社は双方へ出展します。
当社ブースでは「人を中心としたオートメーションで持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献を!」を掲げ、省エネルギーの実現などを通じた「地球環境への貢献」、IoTやAIを活用した「超スマート工場の実現」など、SDGsに直結する新しい価値創造の取組みを4つの展示ゾーンで紹介します。

■展示会概要

展示会名 計測展2020 OSAKA
会期 2020年10月21日(水)~10月23 日(金) 10:00~17:00
会場 グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)
当社ブース 小間番号 13
主な出展内容 【地球環境への貢献 - Energy Management - 】
・自らの事業活動における環境負荷低減への取組み
・蒸気省エネソリューションによるCO2削減とコスト削減の提案

【製造現場イノベーション - Factory Automation - 】
・簡単調整、検出余裕度の見える化により、作業工数低減に貢献する近接センサ
・機能安全と予防保全の融合を実現する新型バーナコントローラ
・装置・デバイス間通信を簡単にするマルチベンダIoTゲートウェイ
・制御機器階層でのCBM*化と品質向上に貢献する高速コントローラ

【製造現場イノベーション - Process Automation - 】
・高機能センサを活用した最新のバルブ解析診断技術
・最新のバルブ診断を実現するスマート・バルブ・ポジショナ
・ビッグデータ、AIを活用したオンライン異常予兆検知
・シンプルな自己回帰モデルを活用した未来変動予測

【未来社会につながる新技術 - azbil Field - 】
・ITの専門知識が不要で手書き作業を簡単にデジタル化する作業記録サービス
・アズビルの新型コロナウイルス対応ソリューション


■展示会概要

展示会名 計測展Online+plus(計測展オンライン・プラス)
会期 2020年10月21日(水)~10月23 日(金)
2020年11月6日(金)~2021年1月16日(土)予定
主な出展内容 計測展2020 OSAKAのアズビル株式会社ブースに準ずる


詳細はこちらをご覧ください。
https://www.azbil.com/jp/product/factory/event/mcsosaka/

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、時代の変化に対応しつつ継続的にSDGsに取り組み、事業を通じた社会課題の解決、さらなる持続的な成長、企業価値の向上に努めます。

* CBM: Condition Based Maintenance: 状態基準保全

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー コミュニケーション企画グループ
0466-52-7040