2020年度 計測自動制御学会「技術賞」および「新製品開発賞」を受賞

2020年11月13日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、公益財団法人 計測自動制御学会(SICE)の2020年度の学会賞として「技術賞」および「新製品開発賞」を受賞いたしましたのでお知らせします。

SICEは計測・制御・システムの分野において、研究をはじめ、関連分野、産官学との連携、発信の役割を担う中核的な学会です。技術賞は「新しい方式、デバイス、製品等を創案、または実施し、顕著な効果をもたらした技術的功績」に対して、新製品開発賞は「産業の分野の発展に貢献した新製品の創案」に対して贈られます。

■ 技術賞
「紫外線検知式火炎検出センサの感度波長調整技術の開発」
紫外線検知式火炎検出器 アドバンストUVセンサの検知感度波長は、カソード電極の仕事関数により決定されます。仕事関数は、金属の種類や結晶方位により固有の値を示します。カソード電極の仕事関数は、その材質や電極表面での金属原子の並び方(結晶方位)、さらに異種原子同士の相互作用により固有の値を示します。今回、熱処理によって結晶方位や異種原子の相互作用を制御し仕事関数の調整を行う技術を開発しました。仕事関数の調整技術により、UVセンサの検知感度波長の調整が可能となり、特殊燃料を燃焼させた場合の火炎検知が可能となりました。

■ 新製品開発賞
「流量計測制御機能付電動二方弁 ACTIVAL™」
本製品は、空調機を流れる冷温水の流量を調節する空調用電動二方弁に、圧力計測による流量演算機能を搭載しています。これにより空調用電動二方弁の前後差圧が変動しても各空調機の冷温水量を適正に制御することができ、快適性と省エネルギーを実現します。さらに温度計測機能も搭載しており空調機ごとの使用熱量も把握することができます。近年、中国・韓国・東南アジアのオフィスビル・病院・ショッピングモールなどで特に需要が高まっている大容量の空調機に対応可能な海外向けモデル(口径15A~150A)を揃えました。

これからも当社はazbilグループの「人を中心としたオートメーション」の理念の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、お客さまの「安心、快適、達成感」を実現する製品や新技術の開発により社会課題解決に貢献してまいります。

※ ACTIVALは、アズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006