ビルマネジメントシステム

ビル運営管理を情報化し、資産価値の向上を支援します。

アズビルのビルマネジメントシステム(BMS)は、ビル運営管理を情報化し、資産価値の向上を支援します。

建物の保全管理の改善と運用コストの低減を実現します。

建物のライフサイクルコスト(LCC)のうち、保全費、修繕費といった運用管理費の占める割合は約50%にもなります。つまり、運用管理費を抑えることが、LCCを減らすためのポイントです。BMSは、建物の快適性や利便性を保ちながら、保全管理の改善により品質を向上させ、運用管理コストを低減するためのシステムです。

ビルの状況を評価し、的確な改善テーマを抽出します。

建物を適切な状態でより長く維持するためには、現在の状況を評価し、保全管理計画を改善していく必要があります。BMSは、トラブル履歴や修繕履歴などの保全管理データと、BAデータにもとづくエネルギー・環境・機器稼働分析によって、建物状況を評価し、保全管理体制を改善するための的確なテーマを抽出します。

お客様の運用の変化に対応して進化します。

BMSは、プランニング・チューニング・フォローイングといった改善サイクルにより、お客様の運用の変化に対応した最適なシステムへ進化します。建物のパフォーマンスを最大限に引き出すために、運用コンサルサービスをご用意しています。

ネットワーク化によりさまざまなメリットを生みだします。

オーナー、利用者、ビル管理スタッフをネットワーク化し、利用状況、運転状況、管理記録を連動。リアルタイムな対応で省エネルギーや業務の効率化を図ります。

ビルマネジメントシステムの情報ネットワーク

豊富なメニューで、ビルの運営管理をレベルアップします。

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求

お電話でのお問い合わせ

コールセンター 0120-26-1023

営業日 9:30~12:00/13:00~17:00 (土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)