10,000m²規模の建物向けBAシステムsavic-net™FX mini

低コストで管理の最適化と、建物の環境対応を実現します。

原油換算値/CO2管理を支援するビルディングオートメーションシステムで、
建物のライフサイクルコストと環境負荷の低減に貢献します。

特長

原油換算値/CO2排出量の「見える化」を実現

事業者単位でのエネルギー管理に向けて、savic-net™FX miniはビル全体のエネルギー使用量(原油換算値)やCO2排出量の見える化を実現。エネルギー管理業務を支援します。

設備監視がWeb上で容易に実現

BAシステムの基本機能や監視は、Webブラウザ搭載の汎用PCから行うことができます。
日常の設備監視はもちろん、必要なときに別の汎用PCからアクセスして蓄積データを利用することができます。

リニューアルやシステム拡張が容易

新設建物への導入はもちろん、既存のシステムの一部を再利用した導入も可能。savic-net™FXシステムへの拡張や多棟の集中管理・監視も段階的に実現でき、建物管理ニーズの変化にも柔軟に対応できます。

機能

ポイントグラフ表示

機器の監視や発停・設定などをグラフィック画面上で簡単に実現。
管理点の位置を画面で自由にレイアウトできます。

エネルギー・CO2換算機能

エネルギー使用量(原油換算値)やCO2排出量を数値化し、見える化を実現します。省エネ効果を把握し、より効果的な省エネルギーやCO2削減活動にお役立てください。

ワンポイントトレンドグラフ

エネルギー量を定められた期間範囲内でグラフ表示します。前年度との比較表示を行うことで、削減量推移を把握できます。

システム構成



システム内で使用する監視用PCについて

アプリケーション動作のWindows10 試験済みバージョンについては、こちら をご参照ください。

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求

お電話でのお問い合わせ

コールセンター 0120-26-1023

営業日 9:30~12:00/13:00~17:00 (土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)