CO2濃度・温度センサ(室内用)

室内のCO2濃度と温度を検出するセンサです。

項目 仕様
形番 ネオセンサ™ 形CY7101
シーリングセンサ 形CY7102
計測範囲 温度 0~50℃
CO2濃度 0~2000ppm
計測法 CO2濃度 非分散型赤外線吸収法 (NDIR)
出力信号 温度 100 Ω /0℃ 測温抵抗体 (Pt100)(JIS C 1604 A 級)
CO2濃度 DC1~5V
* CO2濃度0~2000ppm に対し、リニア
* 相手側入力インピーダンス 50k Ω以上
検出精度 温度 0.6℃± 0.7℃ (0~50℃において)
*回路発熱影響0.6℃、検出素子± 0.3℃、風速影響± 0.4℃を含む。
CO2濃度 CO2濃度計測: ± (50ppm +計測値の5%)
出力分解能: 10mV
CO2濃度ドリフト 連続通電時、± 150ppm/ 年 (@1000ppm)
無通電放置時 ( 参考値)、± 15ppm/48 時間 50%RH 時
CO2濃度初期安定時間 48 時間以上の無通電放置後、約10 日 ( 本体開封直後を除く)
上記以外、約3 日
時定数(参考値) 温度 ネオセンサ: 8.5min 以内 ( 周囲風速0.15m/s において)
シーリングセンサ: 3min 以内 ( 周囲風速0.5m/s において)
CO2濃度 3min 以内 ( 拡散状態)
電源電圧 AC24V - 15% ~+ 10% (50/60Hz)
DC24V ± 10%
消費電力 AC24V 時 3.0VA 以下
DC24V 時 2.0W 以下
絶縁抵抗 DC500V、20M Ω以上
耐電圧 AC500V: 1分間印加時、漏れ電流1mA 以下 ( ケース‐端子間)
定格動作条件 周囲温度 0 ~ 50℃
周囲湿度 0 ~ 85%RH ( ただし、結露なきこと)
輸送・保管条件 ( 梱包未開封時) 周囲温度 ネオセンサ: - 20 ~ 70℃
シーリングセンサ: - 10 ~ 65℃
周囲湿度 5 ~ 95%RH
質量 ネオセンサ: 約80g
シーリングセンサ: 約75g

重要!!
検出エレメントは寿命部品です。10年で製品交換することを推奨します。
ただし設置環境により寿命が短くなる場合があります。

常時新鮮な空気(外気) を必要とする系統や、作業強度が強く通常より多くの新鮮な空気を必要とする系統などでは、新鮮な空気の導入量を制御することは、危険を伴います。
このような系統では、本製品をはじめとするCO2計測器による新鮮な空気の導入量制御を行わないでください。
本体は、検査・校正後、梱包され、工場出荷しています。
施工後の大きな出力ドリフトをできる限り小さくするため、開封・取付は、電源投入直前(48時間以内を目安とします) に行ってください。
開封から電源投入まで、また電源遮断後、長時間(48 時間以上を目安とします)無通電放置状態が続いた場合は、電源再投入後、ゼロガス校正を実施してください。(詳しくは資料ダウンロードより、製品仕様書を参照ください。)

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求

お電話でのお問い合わせ

コールセンター 0120-26-1023

営業日 9:30~12:00/13:00~17:00 (土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)