計測展2018 OSAKA 出展のご案内

製造現場は、新たなオートメーション領域へ!

アズビルのIoT・AIは、製造現場での新しいサービスの形として、
コンセプトを脱し、実装ベースへ進化しています。

アズビルは、11月7日(水)~9日(金)にグランキューブ大阪において開催される
「計測展2018 OSAKA」に出展いたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
ご多忙の折とは存じますが、是非ご来場いただきますようお願いいたします。

下ボタン

アズビル展示ブースの概要

Smart Manufacturing Zone

“アズビル×AI・ビッグデータ=新次元の生産性

バッチプロセス向けのオンライン異常予兆検知

関連製品
オンライン異常予兆検知システム BiG EYES™

AIによる生産計画・作業指図の最適化

多品種少量生産における組立作業支援によりミスを抑制

組立検査作業における判定のバラつき抑制と検査結果の電子化

Energy Management Zone

エネマネ事業を活用した、工場のスマート化

省エネ実現することで効率化・省力化投資を支援

関連製品
エネマネ事業者

シンプルかつ直感的画面。IoT時代の見える化システム

関連製品
エネルギーマネジメントソリューション ENEOPT™

お客様とエネルギーデータを共有。リモートによる省エネ診断

流量を計測し設備効率を見える化。省エネをナビゲート

関連製品
マスフローメータ
関連製品
蒸気流量計 STEAMcube™

BEMSを活用したスマートな電力利用を提案

関連製品
ディマンドリスポンス

流量計測制御機能を搭載した次世代の空調制御バルブ

関連製品
流量計測制御機能付電動二方弁 ACTIVAL™

Process Automation Zone

現場とつながる、プラント運転管理

ビッグデータとAIでつながる次世代型オンライン異常予兆検知

関連製品
オンライン異常予兆検知システム BiG EYES™

プロセスの変動を見逃さない未来空間アナンシエータ

関連製品
重要プロセス変数変動監視 ACTMoS™

多くの現場機器の状態管理とスタート前点検を劇的に効率化

関連製品
デバイス・マネジメント・システム InnovativeField Organizer™

ポジショナのセンシングデータを活用したバルブ保全の最適化

関連製品
調節弁メンテナンスサポートシステム PLUG-IN Valstaff

各種バルブを簡単調整、現場のIoT化に貢献するポジショナ

関連製品
スマート・バルブ・ポジショナ

アドバンス診断により、プロセスの状態把握が可能な発信器

関連製品
差圧発信器/圧力発信器 AT9000 Advanced Transmitter SuperAce™

20年ぶりの全面リニューアル、4線式一体防爆タイプ電磁流量計

Factory Automation Zone

装置内IoT時代の、装置制御の世界

IoTで実現する設備・装置・機械アフターサービスの効率化

関連製品
設備・装置・機械の遠隔サービス ISOPRisa™

マルチベンダ・デバイス間通信をプログラムレスで実現

関連製品
スマート・デバイス・ゲートウェイ 形NX-SVG

画像認識AI、IEC61131-3制御演算対応のコントローラ

装置制御時の特性変化をお知らせ、トラブルの予兆がわかるコントローラ

関連製品
グラフィカル調節計 形 C7G

燃焼設備の運転・異常履歴をネットワークでモニタ

関連製品
バッチ運転専用バーナコントローラ BC-R15/25/35

数ml/minの微小液体流量を安定して計測

関連製品
熱式微小液体流量計 形 F7M

液体の流量・物性状態を一元管理できる容量式電磁流量計

強力な耐ノイズ性能を備えた小型デジタルマスフローコントローラ

関連製品
小型デジタルマスフローコントローラ 形F4H

超長距離と小型の両立を実現した距離設定形光電スイッチ

あらゆる表面に対応するブルーライトセンサで安定検出を実現

関連製品
SENSOPART社のカラーセンサ、光電センサ

出展者セミナー※ 聴講無料/事前登録制(公式サイトよりお申込み)

11/07(水)15:00-15:40[10階1004会議室]

補助金を活用したエネルギーマネジメントシステムの納入事例紹介

近年、ESG(環境、社会、ガバナンス)といった枠組みで企業を評価する動きが強まっています。しかし、省エネのため投資には、やはり費用対効果・投資回収年が重要な指標となっています。本セミナーでは補助金を活用したエネルギーマネジメントシステムの納入事例を紹介します。

11/07(水)16:00-16:40[10階1004会議室]

バルブ診断の効果とその後の取り組み

アズビルではバルブ解析診断サービス開始から今日まで、様々な設備で動いているバルブのデータが多く蓄積されてきています。本セミナーでは、それらのデータを解析して判ったお客さま装置の課題とその対策について、具体的な事例を交えて紹介します。

11/08(木)13:00-13:40[10階1006会議室]

製造装置の状態管理-予防保全に向けた具体的な取り組み

製造装置内の制御機器が保有するプロセスデータおよびデジタル化されていないアナログ値を統合。正常に運用された装置の状態を把握し、アノマリー検知を利用して予防保全につなげる事例を紹介します。

11/08(木)14:00-14:40[10階1006会議室]

現場データの利活用-データ集約型フィールドサービス

IoT時代に突入し、製造現場における様々なデータが大量に収集・蓄積されています。最近はこれらのビッグデータを製造現場で活用するための環境も整ってきています。本セミナーでは、各種ツール・手法を用いて現場データをどのように活用するかを紹介します。

11/09(金)11:20-12:00[10階1005会議室]

実用段階に入ったAIによるオンライン異常予兆検知システムとその実例

IoT時代のデータ駆動社会においてビッグデータは、新たな経営資源として注目され企業競争力のカギとして期待されてきましたが、それもいよいよ実用段階に入りつつあります。本セミナーでは、製造現場の操業ビッグデータを用いプラントや工場におけるプロセスや設備の状態を網羅的に監視する、異常予兆検知システム「BiG EYES」の概要と実用例を紹介します。

11/09(金)16:00-16:40[10階1004会議室]

エネルギーマネジメントソリューション「ENEOPT」の発展

人手不足が課題となりつつある原動力部門では、見える化のみならず人の意思決定をサポートするEMSが求められています。本セミナーでは、アズビルのエネルギーマネジメントソリューション 「ENEOPT」の最新動向として、「見える化」から「分かる化」「できる化」への発展を事例を交えて紹介します。

展示会情報

「計測展2018 OSAKA」

アズビル展示ブースまでのご案内

会場までのご案内

都内主要駅から大阪国際会議場までの路線図

会場内 案内図

会場内案内図

展示会情報詳細

展示会名称 計測展2018 OSAKA
会期 2018年11月7日(水)~9日(金)
開場時間 10:00〜17:00
会場 グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)
530-0005 大阪市北区中之島5-3-51
交通アクセス
入場料 1,000 円(税込)
事前登録者・招待券持参者・学生(登録の際、学生証提示)は無料
主催 一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)
後援 近畿総合通信局/近畿経済産業局/大阪府/大阪市/大阪商工会議所/(順不同)
WEBサイト