700シリーズ

機器正面に爆発性雰囲気で使用可能な、LCDとプッシュボタン方式のローカルユーザーインターフェイスを装備しています。
ここから自動調整プログラム(オート・セットアップ)の実行、機器ステイタス確認、各種変数表示等が可能です。
EDDL、DTM、PLUG-IN Valstaffによる機器管理システムとのインテグレーションが可能です。
供給空気圧、出力空気圧1、同2、ノズル背圧を計測する圧力センサを内蔵し、これから得られる情報を活用した調節弁診断アルゴリズムを搭載しています。

300シリーズ

機器上部、防爆容器外に防滴構造マグネットスイッチ装備し、自動調整プログラム(オート・セットアップ)の実行、マニュアルスパン調整等が可能です。
EDDL、DTM、PLUG-IN Valstaffによる機器管理システムとのインテグレーションが可能です。
調節弁診断アルゴリズムを搭載しています。

200シリーズ

開度検出器は調節弁操作器に、ポジショナ本体部は2インチパイプ等に設置して使用します。
開度検出器は加速度10G、周波数2000Hzの厳しい振動環境や、周囲温度80°Cの高温環境に設置することが可能です。
これにより、製品寿命の長期化を図ったり、メンテナンスの安全性、作業性を向上させたりすることができます。
その他の特長は300シリーズと同じです。

SVX形

バタフライ弁、ボール弁等の回転弁専用に設計されたスマート・バルブ・ポジショナです。
ラック&ピニオン方式、スカッチヨーク方式等の回転弁用操作器との組み合わせに適した設計になっています。
ケース内部のプッシュボタン操作により自動調整プログラム(オート・セットアップ)の実行、マニュアルスパン調整等が可能です。
EDDL、DTM、PLUG-IN Valstaffによる機器管理システムとのインテグレーションが可能です。
調節弁診断アルゴリズムを搭載しています。

スマートESDデバイス 700シリーズ

安全計装システム(SIS)に対応しており、IEC61508規格に適合し、SIL2またはSIL3の認証を取得しています。
機器正面に爆発性雰囲気で使用可能なLCDとプッシュボタン方式のローカルユーザインターフェースを装備しており、 ここから自動調整プログラム(オート・セットアップ)の実行や機器ステイタス確認だけでなく、 PST(パーシャル ストローク テスト)機能を起動することも可能です。
電磁弁と併用して使用する場合(4-20mA)や、 電磁弁の代わりにON/OFF制御として使用する場合(0/24VDC)など、種々の入力信号に対応できます。
EDDL、DTM、PLUG-IN Valstaff による機器管理システムとのインテグレーションが可能です。
供給空気圧力、出力空気圧1、出力空気圧2、ノズル背圧を計測する圧力センサを内蔵し、 これから得られる情報を活用した調節弁診断アルゴリズムも搭載しています。



ページの先頭

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求