計装ネットワークモジュール スマート・デバイス・ゲートウェイ NX-SVG 計装ネットワークモジュール スマート・デバイス・ゲートウェイ NX-SVG

* 各種制御デバイス間の情報連携をプログラムレスで実現し、開発作業をスマート化にすることができる通信ゲートウェイのこと。

通信プログラムの開発経験やスキルがなくとも、
開発時間(システム構築)を大幅短縮。

精巧

4つの通信ポート実装。装置のIoT化を加速!

4つの通信ポート実装。装置のIoT化を加速!<最大198台の機器と、双方向データリンク> 4つの通信ポート実装。装置のIoT化を加速!<最大198台の機器と、双方向データリンク>

時間も手間もかからない方法で、
他社機器も上位システムも他工程の装置との連携も。

ネットワークに接続された各種デバイスを、 【イーサネット×2ch】、【RS-485×2ch】を小型ボディに搭載。最大198台の各社デバイスを簡単に相互接続し、10種類以上の通信プロトコルを、同時に実行。その比類なきオンリーワンとも言える精巧な働きが企業未来を形成します。

計装ネットワークモジュール
スマート・デバイス・ゲートウェイ 形 NX-SVG。
選ばれる理由がある。

成功

「簡単なデータリンク設定」

データ転送設定は転送元デバイスと転送先デバイスを設定するだけの簡単設定。PLCラダープログラムによる通信プログラムは不要。ネットワーク上の機器と読み書きできます。

デバイスアドレスを指定するだけ

成功

「USBメモリで設定書き込み」

設定が書き込まれたUSBをメモリを形 NX-SVGに装着して、本体前面の機能選択スイッチを操作するだけで、セットアップすることができるので、ツールの学習をする必要がありません。

パソコン不要で現地設定

成功

「精度の高い性能見積」

多台数のRS-485機器が接続される装置構成において、応答速度やコストを受注前に検証のために必要台数分のRS-485機器がなくとも、1台あれば精度の高い性能見積ができます。

コストの受注前検証が可能

成功

「通信異常の履歴全件記録」

ラダープログラム通信で構築したネットワークに年数回、原因不明の通信トラブル発生。履歴がなく原因追及ができなかったが、形 NX-SVGの通信異常履歴で問題を特定し、トラブルの解消へ。

確実な通信異常の原因追及へ

生産現場で進む、装置のIoT化ニーズに応えます。

例:工業炉のIoT 化 工業炉IoTメリットの例 空気比の適正管理|バーナ燃焼状態の可視化|プロセスガスの流量適正管理|故障部位と故障原因の早期発見|コンベアのトラブル予兆管理|予期せぬ失火の予兆管理 例:工業炉のIoT 化 工業炉IoTメリットの例 空気比の適正管理|バーナ燃焼状態の可視化|プロセスガスの流量適正管理|故障部位と故障原因の早期発見|コンベアのトラブル予兆管理|予期せぬ失火の予兆管理
時間も、コストも節約なら「計装ネットワークモジュール スマート・デバイス・ゲートウェイ形 NX-SVG」詳しくハアク資料をプレゼント!

「精巧」は「成功」へと導く


成功実例を生み出す力が、
そこにある。

資料のダウンロードをご希望の方は、登録フォームにご入力のうえ送信してください。
ご入力いただいたメールアドレスに、ダウンロード資料のURLをお送りいたします。