デジタル指示調節計
形 C1M

CEUKCA

形 C1Mは、PID制御アルゴリズムを搭載した調節計です。 ひとめで制御状態がわかる大型液晶表示を採用。 さらに、当社従来モデルにPID調整、エンジニアリングを助ける新たな機能を追加することで、お客さまのさまざまな課題解決に貢献します。スマートローダパッケージ対応で設定操作やモニタリングが容易です。
組み合わせて使用する入力、出力機器も多様な種類を用意しています。


製品紹介動画

製品紹介動画


ひとめでわかる

液晶表示
15.4㎜の大型表示(当社従来モデル比: 約1.4倍)、プロセス値(PV)の高輝度白色表示を実現。
現場環境での視認性を高めます。また、豊富な動作表示により、プロセス制御の状態をひとめで確認できます。

液晶表示

すべてをひとつに

進化したスマートローダパッケージ
パラメータ設定、試運転調整、動作確認など、さまざまなシーンで活躍します。
アズビルの技術を集結した高性能なPIDシミュレータもワンパッケージで利用でき、思い通りの制御応答を実現します。

スマートローダ

すぐにつながる

PLCリンク機能
シリアル通信(RS-485)により通信プログラムレスでデータ通信を可能にすることで、エンジニアリングに要する時間と手間を削減します。

PLCリンク機能
対応プロトコル 接続機器例
三菱QnA 互換3C
形式4
三菱電機(株) MELSEC iQ-R、MELSEC Q
オムロンFINS
(上位リンク)
オムロン(株) CJ2、CP2
Modbus™/RTU (株)キーエンス KV-7000、KV Nano
Siemens AG S7-1200

デジタル指示調節計 形 C1Mの詳細はこちらへ

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求