膨大な特許検査結果を手早く分類して、目指す情報を的確に選別

特許調査における見落としリスクを大幅に低減します

クレーム記録を層別分類して、考えられる要因との相関性を可視化

件数管理だけては難しい「発生源対策」の手掛かりを効率よく見つけ出せます

ヒヤリハット記録をリスク要因で層別分類し、装置や作業現場毎にリスク管理のポイントを明確化

日常のKYT活動が具体的な災害予防施策に直結

保全管理システムに蓄積されたデータを解析して「稼働率UPのポイント」を可視化

ライン停止時間や損失金額を指標にしたパレート分析が容易に実施できます

自動車リコール記録をもとにした技術伝承の課題抽出

(静岡理工科大 越水教授との共同研究成果)
こちらのレポートについては、お問い合わせよりご請求ください