協調オートメーションシステム Harmonas-DEO™

DCSインタフェース、”HCI(Human-Centered Interface)”

気付きを高め、迅速な判断と理解を支援し、正しい操作へと導く、人を中心としたDCSインタフェース。それがアズビルのDCSインタフェースのコンセプト、”HCI(Human-Centered Interface)”です。

運転目線の標準化を支援する”ウィンドウセット呼び出し”

運転、監視に必要な画面の組合せパターンを登録し、セットで呼び出すことにより、展開する画面種類の違いによる個人の操作・監視目線の差を無くします。

スクリーン1
スクリーン2
スクリーン3

情報の見落とし回避する”マルチインフォメーションウィンドウ”

分割されたフレーム内に画面を展開することで、ウィンドウの重なりによる情報の見落としを無くし安全な運転を支援します。

スクリーン4

容易なエンジニアリング

機能設計ツール“RTC”を利用することにより、制御システムのシステム設計から保守・改造までを分かり易く効率的に行えます。充実したオンラインヘルプ、グラフィックを用いるプロセス制御設計、スマートシミュレーション機能による動作確認、リモート・エンジニアリングが実現できます。(Real Time CoSEE*1)

スクリーン5

高信頼3重化コントローラ”DOPC IV”

  • 3重化CPU(2 out of 3 ロジック)
    3つのCPUが常に同期をとりながら演算し、診断後に出力することで出力データの信頼性を向上させています。
  • 無瞬断バックアップ
    待機冗長方式の様に切替え時の遅れや待ち時間が全くありません。応答性の速いプロセスや、安全性を求められるプロセスにおいてもより安心して使用できます。
  • オンラインメンテナンス
    冗長化に加えて、全モジュールの活線挿抜によるオンライン交換を実現しているため、プラントの運転を止めずにメンテナンスが可能です。
  • ISA Secure認証取得
    EDSA2010.1 Level1を取得しています。
DOPC IV

ページの先頭


本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求