調節弁メンテナンスサポートシステム

保守業務の生産性を向上

突発トラブル・計画外停止の回避に貢献。ループテストに要する工数を劇的に削減。

調節弁メンテナンスサポートシステム 「PLUG-IN Valstaff」

スマート・バルブ・ポジショナの診断パラメータをプラント運転中にオンライン傾向監視。
調節弁の不調の早期検知、適切な保全計画の立案、メンテナンス業務の効率化を強力に支援。

FOUNDATIONフィールドバスやHART通信に対応したスマート・バルブ・ポジショナと通信することで、24時間365日、調節弁診断パラメータを監視します。
また、ポジショナの調整設定やステップ応答検査を自動化することで、迅速かつ正確なスタートアップを支援。さらに、それらのデータを基に、調節弁の状態を指標化することで、劣化進行状況に応じた適切な保全計画の立案を支援し、開放点検の最適化に貢献します。

HART・フィールドバス ソリューション

  • 大量の調節弁をオンラインで傾向監視

    突発トラブル・計画外停止の回避に貢献

    プラント運転中にスマート・バルブ・ポジショナが持つ診断パラメータのデータを収集し、傾向監視することで、今まで運転員が気づくことが困難であった調節弁の劣化の進行や突発トラブルや計画外停止の未然回避を支援します。

    バルブが固着する前のスムーズでない動き、バイパスに切り替え、分解検査を実施、摺動動作異常

    ある石油化学プラントでは、グランドパッキンへのポリマー付着によって引き起こされる摺動動作異常を検出することにより、予期しないバルブ故障を回避しました。

  • 従来方法で「7日間」要していた調節弁の検査を、Valstaffで「2時間」に短縮。

    ループテストに要する工数を劇的に削減、
    定修時の働き方改革に貢献

    ステップ応答検査で、開度指令に対して、正確な開度で作動するか、円滑に作動するかをチェック。検査結果をグラフに表示することで調節弁の劣化や不適合の発見や性能評価を容易にします。複数の調節弁に対して、自動実行することができるので、 定修・定検の工数を大幅に短縮します。

    従来方法による調節弁200台のストローク検査とValstaffによる検査の比較図

製品資料

アズビルの革新的なオートメーション技術との融合で、工場全体を最適化

80年を超える信頼の実績を持つ調節弁。さらなるメンテナンスの効率化、プラント運用コストの低減を実現するべく開発した先進の調節弁診断アルゴリズムを搭載したスマート・バルブ・ポジショナ。

アズビルの調節弁製品・システムを繋ぐことで、調節弁の各種検査を自動化し、検査業務負荷を大幅削減し、革新的なプロセスオートメーション環境を実現します。

Safe & reliable operation, Energy efficiency, Automation & efficiency, Cost reduction, Workload reduction

お問い合わせ

お問い合わせ受付窓口

お気軽にお問い合わせください。

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー