診断に必要なツール

診断に必要なツール イメージ

診断の仕組み

バルブ解析診断サービスは、診断デバイスであるアズビル製HART®通信対応スマート・バルブ・ポジショナ※1が持つ各種診断パラメータを、調節弁メンテナンスサポートシステム PLUG-IN Valstaffに収集、蓄積し、それらバルブ稼働データを使って診断を実施します。

※1:形 AVP701/702/703、形 AVP202/207/302/307
  • InnovativeField Organizer(以降、IFO)は、HART通信機能を持ったフィールド機器の持つ様々な計測データを定周期で取得し監視できます。
  • 調節弁メンテナンスサポートシステム PLUG-IN Valstaff(以降、Valstaff)は、HART通信機能を有したアズビル製スマート・バルブ・ポジショナを活用した調節弁診断に特化したツールです。
  • IFOでは様々なHART対応フィールド機器の監視が可能です。
  • Valstaffは、横河電機株式会社製統合機器管理パッケージPRM上でも動作可能です。
バルブ解析診断に必要なツール システム構成例

システム構成例

アズビル製DCSでHART通信対応I/Oをお使いのお客さま

アズビル製DCSでHART通信対応I/Oをお使いのお客さまのシステム構成例

横河電機社製CENTUMおよびPRMをお使いのお客さま

横河電機社製CENTUMおよびPRMをお使いのお客さまのシステム構成例

DCS機種に依存しないシステム構成

DCS機種に依存しないシステム構成のシステム構成例

関連製品

バルブ解析診断サービスに関するお問い合わせ先

お問い合わせ受付窓口

バルブ解析診断サービスに関するご相談・ご質問は…

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー