電力調整器PU21/PU23シリーズ

単相電力調整器 PU21、三相電力調整器 PU23は、制御信号入力4-20mA DCや手動設定器(PU20VR10)などにより制御される電力調整器です。
制御方式は外部接点や通信などにより位相制御と分周制御の切り替えが可能です。また、位相制御には基本形(フォードバックなし)をはじめ、定電圧形、定電流形、定電力形が用意されていますので、各種ヒーターの特性に合わせた選択が可能です。


多彩なラインナップ

電力制御の方式として、基本形、定電圧形、定電流形、定電力形と分周制御に対応、各種ヒータの特性に合わせた選択が可能です。 10~500A、 AC100~440V (PU23はAC200~440V)と幅広い定格電流、定格電圧をカバーしています。

豊富なオプションで機能の拡張

ヒータ断線警報や電流制限などのオプションで機能の拡張が可能です。
設定/表示ユニット付を選択すれば、通信機能(RS-485/Modbus)を使用することができます。

6アーム制御(PU23のみ)

三相電力調整器 PU23は、標準で6アーム制御を採用していますので、変圧器一次制御でも安定した制御が可能です。また、偶数次高調波の削減にも効果があります。

プログラムレス通信で「ヒータコントロールの見える化」

コミュニケーションコントローラ CMC15G(別売)と組み合わせて使用することにより、プログラムレスでPLCなどの上位機器と通信ができます。また、出力電圧、出力電流や出力電力に加え、ヒータの抵抗値などのデータ転送が可能なため、「ヒータコントロールの見える」化を簡単に実現できます。

PU21シリーズの詳細はこちら
PU23シリーズの詳細はこちら


ページの先頭

本製品に関するご相談・ご質問はこちらからお気軽にお問い合わせください。

ウェブサイトからのお問い合わせ

製品についてのご相談 カタログ請求

お電話でのお問い合わせ

コールセンター 0466-20-2143

営業日 9:30~12:00/13:00~17:00 (土曜、日曜、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)