定期整備後の装置立ち上げ時間短縮

スタート前の準備作業を劇的に効率化し、定期修繕期間の短縮に貢献

プラントスタートアップ前の作業は大変重要な作業であるため、専門員を複数配置し、数日かけて実施されていました。InnovativeField Organizer(以下IFO)や調節弁メンテナンスサポートシステム PLUG-IN Valstaff(以下Valstaff)を活用することで、点検・テスト作業が劇的に効率化され、定期修繕期間を大幅に短縮することができました。

ループチェック作業の効率化

複数のフィールドマンに依存していた作業をIFOが実施することにより、計装保全の業務効率を最大化。

1.AIループチェック作業の劇的効率化(例:圧力計100台の3点ループチェック)

従来方法

従来方法のイメージ

フィールドマンが現場からコミュニケータ等で模擬入力し、運転員が確認。

3

IFOによる検査

IFOによる検査イメージ

IFOがフィールドマンの代わりに様々な計測データを取得し監視。

2時間

2.AOループチェック作業の劇的効率化(例:調節弁85台の5点往復ループチェック)

従来方法

従来方法イメージ

フィールドマンがDCS出力に対する調節弁の実開度をチェックし、運転員がDCS出力を手動変更。

2

IFOによる検査

IFOによる検査のイメージ

IFOはフィールドマンの代わりにDCS出力に対する調節弁の実開度をチェック。DCSでOPC通信できる場合、IFOが運転員の代わりにDCS出力を自動変更。

3時間

ステップ応答テストの効率化

Valstaffによるステップ応答検査で、開度指令に対して、正確な開度で作動するか、円滑に作動するかをチェック。検査結果をグラフに表示することで調節弁の劣化や不適合の発見や性能評価を容易にします。複数の調節弁に対して、自動実行することができるので、 定修・定検の工数を大幅に短縮します。

従来方法による調節弁
42台のストローク検査

従来方法による調節弁42台のストローク検査イメージ

2~3人が必要。計器室と現場で各1人。

1

Valstaffによる検査


Valstaffによる検査イメージ

リストに登録したバルブを最大16台単位で連続検査実行することで大幅な時間短縮。

45

インターロック・シーケンスチェックの効率化

IFOの模擬入力ツールを利用すると、シーケンステストやインターロックテストで行う、現場もしくは端子盤での模擬入力を、IFOの模擬信号による一括指示へ変更することが可能です。
このツールにより、多くの人による模擬入力作業が不要となり、テスト作業の効率化に寄与します。また、解線行為を不要にすることで、再接続時の接続ミスの原因そのものを排除でき、安全性の向上にも貢献します。

従来方法

従来方法イメージ

模擬入力のために多くの人が必要。

マンパワーを大幅削減

IFOによる検査

IFOによる検査イメージ 模擬信号

模擬信号を一括で指示することで、人海戦術から解放。

お客さま

定修後の各種テストを実施する際に、2人1組での作業や非常に多くの工数と日数を費やしていました。

アズビル

アズビルのバルブ解析診断サービスで、
人海戦術による定修後の各種テストを効率化し、
確実でかつ、一刻も早い装置立ち上げに貢献します。

バルブ解析診断サービスに関するお問い合わせ先

お問い合わせ受付窓口

バルブ解析診断サービスに関するご相談・ご質問は…

アズビル株式会社
アドバンスオートメーションカンパニー