HOME > 大切なお知らせ > 山武製室内形温湿度発信器、室内形湿度発信器および室内形CO2濃度調節器(無料安全対策実施)

建物設備の保守ご担当者様、保守サービス業者様へ
山武製室内形温湿度発信器、室内形湿度発信器および室内形CO2濃度調節器(無料安全対策実施)

弊社が製造しました下記形番の「室内形温湿度発信器」「室内形湿度発信器」および「室内形CO2濃度調節器」(以下「対象製品」といいます)におきまして、電子部品の経年劣化により過電流が供給され、機器の焼損に至る事故が数件発生しております。

このため、弊社では、ユーザーの皆様に安心してご使用いただくための安全対策を実施しておりますが、まだ弊社より連絡を受けておられない建物設備の保守ご担当者様、保守サービス業者様がおられましたら、対象製品の有無をご確認いただき、対象製品がございましたら、弊社にて安全対策を実施いたしますので、下記連絡・問合せ先までご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

なお、対象製品と同じ外観の他製品(温度センサほか)がありますので、次の方法でご確認いただきますようお願い申し上げます。

  1. 建物の空調・自動制御関係図面などで下記形番の製品の有無をご確認ください。
  2. (1)によらない場合、下図の見分け方により対象製品を判別いただき、明確に判別できないときは、製品表面のカバーをドライバー等でロック解除し、カバー裏面の形番表示をご確認ください。なお、ロック解除は保守ご担当者様、保守サービス業者様に限り行うようお願いいたします。

【下記形番の室内形温湿度発信器、室内形湿度発信器の見分け方】
製品上部よりスリットの中をのぞくと、
白色の筒型湿度センサエレメントが見えます。

【下記形番の室内形CO2濃度調節器の見分け方】
製品上部よりスリットの中をのぞくと、
灰色の筒型CO2センサエレメントが見えます。

寸法:W72mmxH71mmxD39mm
(全対象製品共通)


皆様方には大変ご迷惑とお手数をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


平成二十二年一月十八日
株式会社 山 武


  1. 室内形温湿度発信器、室内形湿度発信器
    • 対象機種
      昭和六十一年三月から平成十八年三月に販売された下記形番の室内形温湿度発信器、室内形湿度発信器
    • 型番
      HY7011A1001 (室内形温湿度発信器)
      HY7011B1002 (室内形温湿度発信器)
      HY7012A1004 (室内形湿度発信器)
      HY7012B1005 (室内形湿度発信器)
    • 安全対策内容
      過電流供給防止のためのヒューズ取り付け
  2. 室内形CO2濃度調節器
    • 対象機種
      平成九年六月から平成十九年三月に販売された下記形番の室内形CO2濃度調節器
    • 型番
      CY7100A1001
    • 安全対策内容
      過電流供給防止のためのヒューズ取り付けおよび製品交換

お電話でのお問い合わせ

株式会社 山武 品川コールセンター 0120-778-701

受付時間:午前9時から午後5時まで
(土日、祝祭日、および年末年始、春季、夏季の弊社休業日を除く)

* 2012年4月1日、「株式会社 山武」は「アズビル株式会社」に社名を変更しました。