HOME > アズビルについて > 中期経営計画

中期経営計画

azbilグループ 2021年度長期目標、2016年度中期経営計画

1. 長期目標ならびに中期経営計画策定の背景

2012年度のアズビル株式会社への社名変更を機に、azbilグループとして「人を中心としたオートメーション」の施策の加速を進めてまいりました。現在は2004年度にスタートしたazbilグループ10年計画*1を実行中ですが、昨年来の体制整備をふまえ、環境の変化に的確に対応し持続的かつより一層の成長を実現するために、創業115周年にあたる2021年をゴールとする長期目標、そしてその具体的な展開として、今年度を新たなスタートとする2016年度に向けた新中期経営計画を策定しました。

*1:2004年~2006年を『気持ち創り期』、2007年~2009年を『基盤を確たるものにする期』、2010年~2013年までの『発展期』の3つの期とし、10年間の計画として構成。

2. 2021年度長期目標

グループ理念と長期目標

3. 2016年度中期経営計画

  1. 2016年度目標
    2016年度目標

    売上高 2,800億円
    営業利益 220億円
    海外売上比率 20%以上

  2. 3つの基本方針で、グローバル(国内外)での成長

    azbilグループ理念である「人を中心としたオートメーション」の探求で特徴を出し、グループ全体のシナジーにより、国内事業、海外事業ともに活性化・伸長していくことを目標に、「技術・製品を基盤にソリューション展開で顧客・社会の長期パートナーへ」、「地域の拡大と質的な転換でグローバル展開」、「体質強化を継続的に実施できる学習する企業体への組織的な変革」の3つの基本方針を定めています。
    これら3つの基本方針は、azbilグループを持続的な成長に導くための道標であり、国内海外を問わず、グローバルで技術・製品を基盤としたソリューションを展開します。具体的な施策展開にあたっては、各エリアの市場特性に合わせて商品や体制を整備し、展開します。

    3つの基本方針
    • 技術・製品を基軸に、ソリューション展開で「顧客・社会の長期パートナー」
    • 海外事業を次のステップへ。地域の拡大と質的な転換で「グローバル展開」
    • 体質強化を継続的に実施できる「学習する企業体」を目指す
  3. 成長に向けた3つの事業領域

    基本方針として掲げた「顧客・社会の長期パートナー」となるためのソリューション展開では、成長に向けた事業領域として「生産および執務居住空間での次世代ソリューション」、「エネルギーマネジメントソリューション」、「安全・安心ソリューション」の3つを定義し、azbilグループならではの製品・技術・サービスを活用して、新たな事業モデルを創造し、国内外に展開していくことを目指しています。

    成長に向けた3つの事業領域
  4. 企業体質強化のさらなる推進

    azbilグループの持続的な成長に向け、「グローバル生産・開発の構造改革」、「エンジニアリング、サービス事業の構造改革」、「人材リソース改革」の3つの改革を進め、企業体質を強化します。

    企業体質強化のための3つの改革
    • グローバル生産・開発の構造改革へ
    • エンジニアリング、サービス事業の構造改革
    • 人材リソース改革
  5. azbilグループのCSR経営

    azbilグループでは、企業の社会的責任を経営の重要課題と捉え、世界水準の総合オートメーション企業として、「人を中心としたCSR経営」を目標に掲げ、あらゆるステークホルダーに対して積極的に貢献するCSR経営の確立、実行に注力しています。

    azbilグループのCSR経営
  6. 株主への利益還元

    株主への利益還元については引き続き重要な経営課題と位置づけています。新中期経営計画に沿って、健全な事業成長での利益拡大を進めるとともに、株主への利益還元は、配当を基本に積極的に取り組んでいきます。