手書きの記録作業を簡単にデジタル化するクラウドサービスの提供開始 -直感的操作で記録アプリを作成、現場のニーズに沿ったDXを推進-

2020年5月18日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、パソコン上での直感的な画面操作のみで、スマートフォンやタブレット端末向けのWEBアプリが構築できる「現場でつくる作業記録サービス」のプレビュー版の提供を2020年5月より開始します。正式版提供(2020年7月予定)までの間、無償でご利用いただけます。

パソコンでのアプリケーション定義画面

パソコンでのアプリケーション定義画面

工場の製造・検査・設備点検など、作業結果の記録を手書きで行っている現場では、記録した紙の管理、データ分析や報告・活用のための転記、集計などに、多大な労力がかかっています。データのリアルタイム性や信頼性に問題があり、うまく活用できていない場合もあります。デジタル化を図ろうにも、システム開発やプログラミングが必要なことから、導入はそれほど容易ではありませんでした。

当社が開発した「現場でつくる作業記録サービス」は、プログラミングの知識がなくとも、パソコン上でのドラッグ&ドロップといった簡単な操作で、作業記録アプリの操作画面が構築できます。記録作業の実務者自らが必要な記録項目を選ぶことで、現場に即した実用的なアプリ作成が可能です。スマートフォンやタブレット端末から記録できる項目は、文字や一覧選択のほか、デジタルツールならではのQRコードからのデータ取得、画像撮影などで、多様な工程・業務に対応します。

収集したデータは外部出力可能で、BIツール※1などの活用によって、データの集計から分析をより効率的に行うことができます。さらにMES※2をはじめ、ほかのシステムとの連携を図ることで、製造指図に則った工程進捗や、機械と人の作業情報を統合したトレーサビリティデータの可視化など、さらなる製造現場のDX※3を推進します。

無償で提供するプレビュー版では、制限なく上記すべての機能を利用することが可能です。またプレビュー版に登録されたデータは、正式版でも引き続きご利用いただけます。正式版への切り替えは2020年7月を予定しています。

本サービスは、azbilグループのマザー工場である湘南工場で検討と検証を重ねて開発しました。導入効果として、作業時間短縮、シンプルな画面・高い操作性による誤記入や転記ミスの抑制、リアルタイムなデータ共有、などが挙げられます。湘南工場では、さらなる検証を続け、検査記録に限らず巡回点検や修理記録など、製造現場のニーズに合わせた多様な用途へ運用範囲を広げています。

本サービスは、サブスクリプション(月額課金)形式のクラウドサービスのため、課金はユーザー単位となっており、1ユーザーからの契約が可能です。契約後すぐにインターネット経由でサービスを利用していただくことができ、社内システム構築に必要だったサーバ購入/構築費などの初期費用はかかりません。

現場でつくる作業記録サービス


現場でつくる作業記録サービス

さまざまな場面で


当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、今後も社会的課題やお客さまのニーズに対応した製品・システムを開発、提案してまいります。

商品についてはこちらの特設サイトをご覧ください。
現場でつくる作業記録サービス

※1 BIツール(Business Intelligence tools):抽出、加工、分析など、データ活用に役立つソフトウェアの総称。
※2 MES(Manufacturing Execution System):製造工程の状態の把握や管理、作業者への指示や支援などを行う情報システム。
※3 DX(Digital Transformation):進化したデジタル技術を浸透させることにより、人々の生活をよりよいものへと変革すること。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 ITソリューション推進部
電話:0466-52-7106