アズビルの空調用高機能バルブが、2019年度日本機械学会賞優秀製品賞を受賞

2020年5月25日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:曽禰寛純)は、当社の空調用高機能バルブ「流量計測制御機能付電動二方弁ACTIVAL +™」が2019年度日本機械学会賞優秀製品賞(主催:一般社団法人日本機械工学会)を受賞したことをお知らせいたします。

流量計測制御機能付電動二方弁 ACTIVAL+

流量計測制御機能付電動二方弁 ACTIVAL+

日本機械学会賞は、一般社団法人日本機械学会が1958年に「日本の機械工学・工業の発展を奨励する」ことを目的に設けた表彰制度であり、毎年優秀な製品や技術、論文などが受賞しています。「優秀製品賞」は、機械あるいは機械システムに関連した製品に対し、機械の環境対応・効率改善、精度・品質向上などへの貢献といった評価項目に該当した社会的価値の高い、優れた製品に贈られます。

今回、ACTIVAL +は以下のような点が評価され受賞となりました。
・空調機内の冷温水の流量を調節するコントロールバルブに流量計測機能を付加することで、過流量を抑制し、熱源機やポンプの運転台数の削減によって、空調システムの省エネルギーを図ったこと。
・バルブ内部の圧力を安定して計測できる構造、アルゴリズム(バルブ開度検出の誤差を補正する仕組み)を開発・搭載し、流量計測精度の向上を実現していること。
・従来の電動二方弁に圧力、温度、圧力、流量、熱量の計測・制御機能を加え、かつ小型軽量な製品であること。

ACTIVAL +は、年間50,000台の販売実績を有する空調用電動二方弁ACTIVALシリーズの上位機種です。制御弁に計測機能を一体化させたACTIVAL +は、これ1台でエネルギー管理を行うことができ、建物の空調・熱源の省エネルギーによって、環境負荷低減に貢献します。このようなACTIVAL +の優位性は、お客さまからご好評をいただき、国内外の大規模オフィスビル、病院、ショッピングモールなどに多数採用されています。

当社はazbilグループの理念である「人を中心としたオートメーション」の下、居住者の快適性と、建物の省エネルギーを実現する製品を開発、提供し、持続可能な社会の実現に寄与してまいります。


*ACTIVAL、ACTIVAL +は、アズビル株式会社の商標です。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006