新型コロナウイルス感染拡大に伴う海外向け義援金の拠出について

2020年6月24日
アズビル株式会社

新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々、感染拡大により困難な状況におられる方々には心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者をはじめ、最前線で感染拡大防止にご尽力されている多くの方々に敬意を表するとともに、深く感謝申し上げます。

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本 清博 )は、azbilグループを代表して、新型コロナウイルス感染症の影響が、世界各地に甚大な災禍をもたらしていることを踏まえ、特に保健・医療システムが脆弱な国々での感染拡大において影響を受けている子どもたちとその家族のための支援として、国連の補助機関であるUNICEFの「新型コロナウイルス緊急募金」へ2,000万円の寄付をすることを、このたび決定しました。6月2日付プレスリリースにて既に公表した日本における医療従事者、社会的弱者への総額3,000万円(実施済)となる国内向け支援と、今般の海外向け支援と併せ、新型コロナウイルス関連としては総額5000万円の義援金の拠出となります。グローバルに事業を展開しております当社グループは一丸となって、国内外で、さまざまな場面において困難に直面している方々を社会全体で支え合う気持ちを大切にし、新型コロナウイルスの感染拡大防止に貢献してまいります。

当社グループは「人を中心としたオートメーション」のグループ理念のもと、国連のSDGsも目指している、持続可能(サステイナブル)な社会の実現に向けて、常に世の中に価値ある存在であり続けることを企業行動の道標としております。今般のコロナ禍におきましても、従業員や関係者の安全確保を大前提に、お客さまの現場でもある医療機関やその他社会インフラの維持に努め、社会的な使命を果たすことに注力してまいりました。これからも持続可能な社会の実現を目指し、グローバルな社会的課題の解決に積極的に取り組んでまいります。

アズビルのCSR取組みの詳細については、下記のサイトをご覧ください。
アズビルのCSR取組み

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006