アズビル株式会社 格付投資情報センターによる発行体格付「A+」取得のお知らせ

2020年10月20日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、株式会社格付投資情報センター(R&I)による発行体格付*1が、2020年10月16日付で次の通り「A+」に引き上げられたことをお知らせいたします。

名称 格付 格付の方向性
発行体格付 A → A+ 安定的

当社は、「持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献」を行動指針のひとつとして定め、建物市場でのビルディングオートメーション、工場やプラント市場でのアドバンスオートメーション、ライフラインや健康などの生活に密着した市場でのライフオートメーション、これら3つの事業を顧客・社会とのライフルサイクル型事業として進化させることで、顧客提供価値と事業の利益性を高め、持続的な成長、企業価値の向上の実現に取り組んでいます。
また、この持続的な成長を支える仕組みの整備や人材育成(健幸経営*2)も進めており、天災やこの度の新型コロナウイルス感染拡大のような不測の事態においても、顧客に長期にわたって安定的に価値提供ができるようBCP(事業継続計画)の整備のほか、強固な財務体質の確保、資金調達力の強化・多様化なども推進しています。

今回の格付引き上げの理由としても当社事業における「保守・サービスなどの安定収益源が拡大しており、強いストレス下でも底堅く利益を上げることができている。収益基盤の強化が進んだことを評価」するとされています。また、良好な資本負債構成や債務とキャッシュフローのバランスなど、財務基盤そのものについても高く評価されました。格付「A+」の取得は、当社のこうした持続的成長に向けた取組みの成果の一つと捉えています。

なお、発行体格付取得に加えて、この度の新型コロナウイルス感染拡大などのような不測の事態が発生した場合においても、環境の変化に合わせた迅速な資金調達を可能とするため、今次、コマーシャルペーパー*3の発行枠の新規設定も行い、当社の基礎的な信用力が反映された「a-1」を新たに取得いたしましたので併せてお知らせいたします。

名称 発行限度額 担保・保証
保証会社など
格付
コマーシャルペーパー 200億円 無担保 a-1(新規)

格付理由などの詳細については、下記の信用格付関連に掲載のニュースリリースをご参照ください。
■ 株式会社格付投資情報センター https://www.r-i.co.jp/jpn/

azbilグループでは、「人を中心としたオートメーション」のグループ理念の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、今後も一層の収益力の向上と財務基盤の改善に取り組んでいきます。


*1 発行体格付
発行体が負うすべての金融債務について、契約どおり履行する能力に対する信用格付会社の意見のこと。株式会社格付投資情報センターによる発行体格付の符号と定義は下記を参照下さい。
https://www.r-i.co.jp/rating/about/definition.html
*2 健幸経営
azbilグループは、総労働時間の削減やハラスメント防止といった職場環境改善などの「働き方改革」、一人ひとりの個性を尊重し、その特徴を活かす「ダイバーシティ推進」など、社員が健康で活き活きと仕事に取り組んでいけるようにするための総合的な取組みを「健幸経営」と定義し、人を重視した経営を進めている。2019年7月には「azbilグループ健幸宣言」を行った。
*3 コマーシャルペーパー
一般に「CP」とも呼ばれ、企業がオープン市場(金融機関のほか、事業法人、公共法人なども広く参加可能な市場)から短期の資金調達するために発行する期間1年未満の無担保の割引約束手形。昨今はペーパーレスで発行されるものが主流であり、法的には「短期社債」にあたる。

*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006