手書きの記録作業を簡単にデジタル化するクラウドサービスの新機能を追加

2020年10月28日
アズビル株式会社

アズビル株式会社(本社:千代田区丸の内2-7-3 社長:山本清博)は、パソコン上での直感的な画面操作のみで、スマートフォンやタブレット端末向けのWEBアプリが構築できる「現場でつくる作業記録サービス」に新機能を追加し、2020年10月28日より運用開始いたします。

「現場でつくる作業記録サービス」は、パソコン上でのドラッグ&ドロップといった簡単な操作で、作業記録アプリの操作画面を簡単に構築できるサービスです。従来は手書きで行われていた製造時の工程内検査、ラインの巡回点検、装置の修理記録、各種日報の申し送りなど、多様な業務のデジタル化に最適であり、業務の効率化、データを活用した改善などに役立てることができます。
近年、企業におけるデータの完全性を担保するニーズが高まってきています。特に、品質管理や巡回点検といった現場では、日々行われている改善とは別に、データの改ざんといった不正行為を防止するための工夫が必要とされています。また、製造現場においては多品種少量生産やセル生産方式への移行が進み、一人の作業者が任される作業の種類・量は複雑化しています。
こうした背景を踏まえ、今回、「作業グループ管理」「権限設定」「中断保存/再開」「記録確認/編集」の新機能を追加しました。

【主な新機能の内容】
① 必要な権限を必要な人に割り当てることで不正行為を防止するために「作業グループ管理」「権限設定」の機能を実現しました。
② 並行作業やスムーズな次工程への切替えを行い、データも同時に残すことで業務を円滑に進めるために「中断保存/再開」「記録確認/編集」の機能を実現しました。

作業記録サービス

作業グループ管理機能/権限設定機能画面

なお今回追加となった機能につきましては、今までお使いいただいていたユーザーの皆さまは、そのまま当日よりご利用いただけます。

本サービスはサブスクリプション形式(月額課金)のクラウドサービスです。商品についてはこちらの特設サイトをご覧ください。
現場でつくる作業記録サービス

当社はazbilグループの企業理念である「人を中心としたオートメーション」の下、持続可能な社会へ「直列」に繋がる貢献と持続的な成長を目指し、今後も社会的課題やお客さまのニーズに対応した製品・システムを開発、提案してまいります。


*掲載されている情報は、発表日現在のものです。

お電話でのお問い合わせ

アズビル株式会社 経営企画部広報グループ
TEL:03-6810-1006