HOME > アズビルについて > 購買情報 > azbilグループ購買基本方針 > お取引先様とのコミュニケーション

お取引先様とのコミュニケーション

お取引先様にazbil グループ購買基本方針をご理解いただき、取引基本契約書において環境保全活動の取組みについて条文を設け合意をしています。協力会社約300社および継続的に高額購入いただいているお取引先様約700社へ購買基本方針の文書を送付することにより周知徹底しております。サプライチェーン全体でCSR(企業の社会的責任)に配慮した購買活動に取り組んでいます。

新規取引開始時に、お取引先様の経営、財務評価、品質、CMS監査、環境保全アンケートを実施し、取引可否の審査を行っています。結果が一定基準に満たない場合で改善が可能と判断出来る場合は是正を促し、公正で適正な調達ができるよう努めています。

お取引先様への現地調査を実施し、条件が満たされた場合、協力会社に認定しています。協力会社約300社を対象に、環境保全アンケートを毎年、情報セキュリティー実地監査および安全監査を2年毎に実施し、是正が必要なお取引先様には是正を勧告し、是正が完了されることを確認しています。さらに、協力会社には調整技術、空調基礎教育等を実施しています。工場購買では、品質が不適合な場合や、製品含有化学物質管理システム監査の結果で改善が必要である場合は指導を実施しています。

また、購買基本方針の3項「人間尊重の社会行動」で宣言している通り、お取引先様に対してはILO(国際労働機関)で定めた15歳以下の児童労働、人身売買、強制労働などの非人道的な扱いや不法就労など、人権を侵害する行為はしないようにお願いしております。

調達に関する諸問題の共有および対応を進めるため、 2か月毎に開催されるJEMIMA(一般社団法人 日本電気計測器工業会)の資材調達委員会に参加しています。アズビル株式会社は2018年度、委員長を務めました。

※環境に関する経営理念や環境方針、ISO14001認証取得、社員への教育 、環境マネジメントシステムの構築に関する調査