HOME > CSRの取組み > 自らの事業活動における環境負荷低減 > 基本的責務の遂行 > 環境への取組み > 自らの事業活動における環境負荷低減 > 生物多様性への取組み

生物多様性への取組み

「経団連生物多様性宣言」推進パートナーズの一員として、「経団連生物多様性宣言・行動指針(改定版)」に賛同し、「人を中心としたオートメーション」のグループ理念に基づき、持続可能な社会の実現へ向け、SDGsを新たな道標として、環境統合型経営をグローバルに展開していきます。
自然共生社会の実現に向けての具体的な取組方針として、事業を通じた生物多様性保全への貢献を継続し、お取引先様を含めたサプライチェーンでの取組みを推進するとともに、様々な国内外の関係組織との協働を通じた自然環境保全活動の取組みを強化していきます。

事業を通じた環境課題解決【生物多様性保全への貢献の事例】

海洋における生態系保全に貢献

例:バラスト水の運用

大型船舶を対象とするバラスト水管理条約により義務付けられたバラスト水処理装置へ、船舶事業で培った知見やノウハウ、船舶の認証に適合した製品などを活用したソリューションを提供しています。

※大型船舶が空荷の時に船体を安定させるために、船底へ積み込む海水のこと。バラスト水には動植物プランクトン、海藻の断片などの海洋生物が含まれ、これらが放出時に一緒に放出されるため、外来種移動の原因の一つと言われている。

お取引先様に対する生物多様性への取組み展開 【サプライチェーンへの取組みを推進】

azbilグループ 「生物多様性保全への取組み」に関するお願いを取引先様に配布し、生物多様性保全に対する考え方、事業活動と生物多様性との関わり、取組み事例などの解説文書を展開しています。

生物多様性保全への配慮(グリーン調達)

自然環境保全活動 【地域の特色を活かした国内外の関係組織との連携】

NPOや、大学、地方自治体などと連携・協力しながら、神奈川県藤沢市、福島県南会津町といったazbilグループが拠点を置く身近な地域や、アズビル京都株式会社等の事業所の敷地での自然環境保全活動に取り組んでいます。2019年度は3ヵ所で計5回実施し、社員やその家族延べ90名が参加しました。新型コロナウイルス感染拡大をうけ、従来の自然環境保全活動を踏まえたうえでの新たな施策の検討など、活動内容の見直しを実施しています。

南会津町での「ひめさゆり」保全活動

福島県南会津町とは2011年7月に環境保全活動に関する協定を結び、定期的に活動しています。
南会津町は福島県の南西部に位置しており、環境省がまとめたレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている「ひめさゆり」が群生する地としても有名なことから、その「ひめさゆり」の保全活動を実施しています。2018年10月の活動では、azbilグループの社員とその家族が、南郷スキー場で地元の方々の指導を受けながら、下草刈りや種まきなどを行いました。
花を咲かすまで6年以上かかるとされていますが、種まきの場所での開花を確認しています。
2016年2月、この活動が、公益財団法人日本自然保護協議会から「日本自然保護大賞 入選」として表彰されました。

種まきの様子

種まきの様子

ひめさゆり

ひめさゆり

藤沢市での緑地保全活動

活動の様子

活動の様子

azbilグループ最大の拠点、藤沢テクノセンターがある藤沢市とは、2011年1月に緑地保全活動に関する協定を結び、定期的に市内の緑地で活動しています。
藤沢市では「放置された緑地が多い」という課題がありました。そこで、NPO法人藤沢グリーンスタッフの会の指導を受けながら、緑地の持続可能な利用を実現するための活動を続けています。
これまでの活動で、薄暗かった緑地へ陽光が差すようになり、そこから新たな草木が生えてきて、緑地の変化を実感しています。

アズビル京都株式会社での取組み

1996年に操業を開始したアズビル京都は、山林の一部を自治体が造成した場所に工場を建設しました。操業後時間が経過し、斜面には、周りの山林と同様、木々が育ち始めています。
認定NPO法人アースウォッチ・ジャパン、京都大学 フィールド科学教育研究センター、京都大学農学部などの学生とともに、2013年度から春と秋に、社員やその家族が参加して、木々の調査や整備に取組んでいます。データを基に参加者で話し合いながら、植樹や間伐を実施しています。

アズビル京都 樹木の調査の様子

アズビル京都 樹木の調査の様子

アズビル京都 間伐の様子

アズビル京都 間伐の様子