HOME > 製品・サービス > 建物向け製品/サービス > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応ソリューション

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応ソリューション

withコロナ社会に向けて

安心して過ごせる建物環境に。アズビルは新しい生活様式に対応するソリューションを展開していきます。

今すぐできる空調と換気対応

安心、快適で健康的なオフィス空間を

withコロナ社会、アフターコロナ時代に向けて、新しい生活様式が求められています。感染リスクを排除することは重要ですが、その対策が過度になると日々の生活がとても窮屈になります。安心、快適で健康的に過ごすために、感染リスクを正しく理解して、速やかに対応することが大切です。

感染リスクを知る

感染が成立するには3つの要素の 病源体、感染経路、宿主(抗体の有無) があります。
病原体は、罹患者(罹患可能性者)等の感染の源です。感染経路には、飛沫感染、接触感染、空気感染 等があります。

飛沫感染

罹患者のせき、くしゃみ、会話等により飛散するウイルスを含んだ飛沫の直接曝露による感染

接触感染

ウイルスを含んだ飛沫が付着したものへの接触後に粘膜や経口に触ることによる感染

空気感染

空気中に浮遊している飛沫核の吸引による感染

ウイルスを含んだ飛沫は、一般的には1~2m程度で落下しますが、微小な飛沫や、風向きや風速などの特定の条件下での大径の飛沫は空気中を浮遊し、これが新型コロナウイルスの感染元になるとも言われています。

感染拡大防止のために

また、感染防止のためには、罹患者が感染源とならないように他の人との接触を行わないこと、感染を避けるために感染源(罹患者)へ接触しないことが大切です。また、感染症の拡大防止としては3つの密(密閉、密集、密接)の重なりを避けること、そしてそれぞれの密を作り出さない事がポイントになります。

感染拡大リスクを低減するために

オフィスビルに設置されている空調設備においては、外気を適切に取り入れる換気により感染拡大リスクを低減することができます。

密閉空間をつくらない ⇒ 外気取り入れ制御

密閉とは、飛沫が浮遊している室内空気が閉じ込められる状態を指しています。人員密度を適切に管理するとともに新鮮な外気を適切に取り入れ、換気回数2回/h以上を保つことで浮遊している飛沫濃度を下げることができます。

ウイルスの除去

ウイルスが含まれる飛沫の除去には、プレフィルタ(重量法捕集率80%程度)だけでなく、中性能フィルタ(比色法捕集率90%程度)が設置されていることも有効です。さらに、気化式加湿器の滴下する水で除去できる可能性もあります。

さらに以下の対応も効果的です。

感染源を管理する ⇒ 非接触な顔認証・温度検知システム

罹患者(罹患可能性者)の識別を行い、必要な対応(経過観察、検査等)に繋げるには「体温計測」、不特定多数の人の体温を効率的に計測し、非接触方式による「検温」が効果的です。

ソーシャルディスタンス(密集防止)⇒ 赤外線アレイセンサシステム

密集空間を作り出さないためには、ソーシャルディスタンスを確保すること。そして、在室人数の把握など、現状の混雑状況を可視化し、注意喚起等を行う対応も必要になります。

これからも安心で快適なオフィス環境を継続するために。
withコロナ社会の感染症対策、そして健康経営に既存の空調設備をお役立てください。

参考情報


お問い合わせ
空調、換気対応についてのご相談はこちら

ページの先頭

顔認証・温度検知 ソリューション非接触・タッチレス

AI温度検知ソリューションで

高速検知により、発熱の疑いのある人、マスクを着用していない人を速やかに見つけることができます。

顔認証入退室ソリューションで

非接触で衛生的な入退室管理を実現します。
また万が一罹患者が出た場合に、過去にさかのぼって在室状況、同時間帯の在室者などを調査することができます。

製品についての詳細はこちらをご覧ください 顔認証・温度検知ソリューション

お問い合わせ
顔認証・温度検知のご相談はこちら

ページの先頭

病院向けパンデミック対応空調ソリューション空気感染対応

ウイルスの拡散防止

院内空気感染リスクの低減で医療スタッフや患者の安心、安全に貢献します。

感染症病床への切替え

パンデミック発生時には陰圧に切替え、ウイルスが病室外に拡散することを防ぐことができます。臨時の感染症対応の病床を確保できます。

パンデミック対応空調システム

製品についての詳細はこちらをご覧ください 研究施設向け風量制御システム

お問い合わせ
パンデミック対応空調のご相談はこちら

ページの先頭