HOME > CSRの取組み > 基本的責務の遂行 > リスクマネジメント

リスクマネジメント

社会からの信頼・企業価値を損なうことのないよう、体制の構築・予防に努めています。

リスクマネジメント

azbilグループでは、毎年、役員や主要部門長へのヒアリングを含む調査を行い、グループ全体に重要な影響を 与える可能性のあるリスクを、網羅的に洗い出しています。 その上で重要リスクの顕在化を防止するためのグループ一体となった対策実施につなげていけるよう、 取締役会にて「azbilグループ重要リスク」を定め、項目毎に施策を実施しています。 また、こうした取組みをグループ各社にも広げ、それぞれの会社にとっての重要リスクについても、 選定から対策実施、各社取締役会への結果報告に至るマネジメントの仕組みを構築してリスクの軽減に努めています。

防災レベルの向上と事業継続計画(BCP)

img2.jpg

定期的な防災訓練の実施

azbilグループ防災連絡会議のもと、国内グループ全事業所で定期的な防災点検を実施してリスクを洗い出し、対策を検討・実施することで防災レベルの向上に努めています。 またグループ全体の防災対策強化として大規模地震発生時の初動マニュアルを整備し、社員安否確認体制の運用改善や、 職場緊急連絡網の整備、災害用通信インフラの拡充、新耐震基準建物への移転、定期的な防災訓練等に 継続的に取り組んでいます。 さらに、大規模地震災害発生時の事業所・工場機能の早期回復やお客様の現場での保守サービスの継続的提供など、事業継続計画(BCP)の実現を目指して取り組んでいます。

情報管理体制の整備・強化

グループ全社員を対象とした情報セキュリティ教育を毎年実施するほか、コンプライアンス意識調査で明らかとなった情報管理課題への対応、重要情報や個人情報の管理体制の整備など、グループで統制のとれた管理体制整備・強化に取り組んでいます。 さらに、災害時にも運用レベルを大きく損なうことのないよう、ネットワーク機器やサーバーなどの設備再配置や非常用電源設置を含めたバックアップ体制の見直しを 実施しています。