HOME > CSRの取組み > 基本的責務の遂行 > 社員とのかかわり

社員とのかかわり

働き方改革とダイバーシティ推進を両輪とした「健幸経営」の推進と、人材育成の専門機関であるアズビル・アカデミーを中心とした「人材育成」によって、誰もが能力を十分 に発揮できる企業体を目指し、“ 人を重視した経営”を進めています。

健幸経営の推進

azbilグループは、総労働時間の削減やハラスメント撲滅といった職場環境改善などの「働き方改革」、一人ひと りの個性を尊重し、その特徴を活かす「ダイバーシティ&インクルージョン推進(以下、D&I推進)」などの総合的な取組みを「健幸経営」と定義し、人を重視した経営を進めています。

アズビル・アカデミーによる人材育成

事業環境の変化に柔軟に対応するため、人材育成の専門機関であるアズビル・アカデミーを設立し、「働き方改革」と「ダイバーシティ推進」の両輪で業務改革を推し進める人材をグローバルに育成しています。

人間尊重の社会行動

azbilグループは、国際的に認められた人権を尊重し、国際的人権義務、ならびに関連する国内関連法令を遵守します。