HOME > CSRの取組み > 基本的責務の遂行 > コンプライアンス

コンプライアンス

社会の一員として企業存立上の責務である「基本的CSR」の取組みの中で、国内・海外に展開しているazbilグループ全体に対し、コンプライアンス意識の向上と行動・活動における徹底に努めています。

コンプライアンスの徹底

azbilグループでは、2019年10月に企業行動指針および行動基準を改定しました。
「azbilグループ企業行動指針」は、グループ理念の実現に向けた企業行動の道標となるものであり、従来の企業倫理を意識した内容から、グローバルやダイバーシティ、SDGsなどの世の中の変化を踏まえた上でazbilグループ企業理念を実践するために果たすべきミッションを示した内容へ一新しました。 また、「azbil グループ行動基準」は、企業倫理を重視した役員・社員の行動についての具体的規範であり、世の中の変化や法令改正への対応、さらにグローバルで統一された運用を行うことを目的に48項目に改定しました。
行動基準は「行動基準の遵守」「企業の公共性、社会的責任の遂行」「公正な商取引の遵守および腐敗防止」「人間尊重の社会行動」「適正な会社財産の管理・運用」「環境保護の推進」といった6項目からなっており、行動基準に違反する行動を発見した場合の報告義務と報復の防止に関する基準を設け、適切な牽制機能が働く環境を整えています。
2020年1月には、各国・地域で働く全ての社員へ確実に浸透するよう、企業理念と企業行動指針からなる「azbilブック」および「azbilグループ行動基準ブック」を作成しました。これらの冊子は、グローバルに社員の理解が進むように、和文に加え英文・中文など10言語で翻訳、配布を行いました。また、定期的に行われるコンプライアンス教育や毎年10月に定めている倫理月間におけるトップメッセージ等も利用し、意識啓発のための活動を推進しています。

azbilグループ理念・企業行動指針・行動基準
腐敗防止に関する行動基準

行動指針、行動基準

コンプライアンスを守る体制

azbilグループでは、コンプライアンスを組織的に展開するコンプライアンス責任者/リーダー(CS/CL)を体制として運用しています。この制度で最も実質的な役割を担うコンプライアンスリーダーは、現場へのコンプライアンス浸透・指導(グループ理念・企業行動指針・行動基準の展開・教育)及びリスクの発見と報告をその任務としています。そのほか、経営の考えを正しく部下に伝え、企業倫理の重要性を認識した行動基準遵守が求められます。さらに、経営と職場の接点として、繰り返し企業倫理の重要性を職場に徹底することで、普段から部下とのコミュニケーションを図り問題を関知できる感性を養い、問題があった時に早期対応する等の取組みを期待しています。

コンプライアンス遵守体制

コンプライアンス意識の維持・向上

azbilグループでは、毎年役員・部門長に対して外部の専門講師による教育を実施するとともに、役員・部門長が責任者となり、グループ全体のコンプライアンス意識の絶え間ない向上に取り組んでいます。
2019年10月に行われた外部専門講師による役員・部門長向けの講義では、コンプライアンスに加え、世の中の変化に対応するため持続可能な開発目標であるSDGsをテーマとして取り上げ、196人が受講しました。


役員・部門長向けの講義

社員に対するコンプライアンス教育では、従来から実施している講師による対面教育に加え、eラーニングによる教育を実施し対面教育は92回開催し3,436人、eラーニングは6,899人が受講しました。
これにより遵守するべき行動基準や重点対策項目などの基本的事項を周知徹底することはもちろん、刻々と変化するコンプライアンス課題について、理解を深めています。
また、グループ全社員を対象にコンプライアンス意識や社内のコンプライアンス状況に関する調査を毎年実施して、その結果に基づいて取り組む必要のある課題を把握し、対策を実施しています。2019年度(2020年3月期)は国内外の社員など約11,000名(派遣社員等も含む)を対象に調査を実施し、コンプライアンスの重要性を認識している社員の割合は99%を超え、ほぼ100%に近い結果となりました。
今後もコンプライアンス意識向上のための取組みをさらに進めていきます。

法的リスクの予防

azbilグループでは、グループ全体の法令遵守徹底に取り組んでいます。事業活動に関わる法令の遵守徹底を促すとともに、事業上必要な法令に関連する教育を実施し、グローバル展開の加速とともに高まる海外における法的リスクにも対応しています。また、重要法令やそれに関わる課題について、適時適切な対応と問題発生の未然防止に専門講師による教育に努めています。