HOME > CSRの取組み > 基本的責務の遂行 > 環境への取組み > 環境取組みの全体像 > 環境方針・環境施策 > 環境取組みへのアプローチ

環境取組みへのアプローチ

「持続可能な開発目標」(SDGs: SustainableDevelopment Goals)の採択や「パリ協定」の発効など、世界の潮流を意識して、私たちの環境課題を設定しています。年3回のazbilグループ環境委員会のもと、グループ各社で体制を構築し、計画立案、審議、及びレビューを実施しています。

azbilグループでは、「自らの事業活動における環境負荷低減」を進めるとともに、それらの取組みを通じて得られる技術・ノウハウを活かし、計測と制御の技術を駆使してお客様の環境に関わる課題解決を支援することで「本業を通じた地球環境への貢献」を推進し、持続可能な社会の実現へとつなげていきます。藤沢テクノセンターをエネルギーマネジメントソリューションの実験サイト、及び省エネモデル事業所として位置付け、技術研究を行うとともに開発製品を技術者がその場で運用し、効果の検証をしています。

vision

環境取組みへのアプローチについては、「azbilグループ環境基本方針」に2つの指針として定めています。環境基本方針のもと、その具体策を4つの側面から考え、「環境取組み施策」として定めています。

環境取組みにおける2つの指針

私たちは、持続可能な社会の実現に向けて

●自らの事業活動に伴う環境負荷低減に継続的に取り組みます。

●計測と制御の技術を基盤としたソリューションの提供を通じ、
お客さまや社会での環境課題の解決に積極的に取り組みます。


環境基本方針、環境取組み規程、環境方針
環境取組み施策

自らの取組みから得られた省エネルギーのノウハウをお客様へ、社会へ

最先端の技術やノウハウを提供するために、azbilグループの自社建物やグローバル生産施設を実証実験の場として活用しています。事業活動におけるCO2排出量を削減することはもちろんのこと、様々な取組みや検証により技術に磨きをかけ、事業を通じてお客さまの現場や社会での環境課題の解決へとつなげています。


事業活動を通じてお客さまや
社会の環境課題を解決
お客さまの現場における
CO2削減効果(2017年度)
328 万トンCO2

*推計における考え方の詳細は、こちらをご覧ください。

ノウハウの
提供
自らの取組みから得られた
省エネルギーのノウハウを
お客さまへ、社会へ
事業活動における
CO2排出量(2017年度)
2 万トンCO2

*アズビル株式会社、国内連結子会社および海外主要生産拠点


本業を通じた地球環境への貢献